がくのロータリー人生

二代目マツダルーチェと三代目プレマシー、ファミリアバン、C56に乗るがく




ドライブは最高に楽しい出張




4月8日。
長野の東信地方に出張予定でした。
相模原に住む顧問を迎えに行ってから、
朝8時過ぎ、東信地方の新幹線の駅ある街にドイツ人技術者を迎えに行く、
そして数日、会議をする、そんな出張でした。
会社にアクセラを置いて、社用車で家に帰りました。

朝、天気予報を見ると、4月なのに時ならぬ雪予報。
5時前時点で軽井沢では積雪だそうで.....

社用車は夏タイヤにすでに変わってしまっていて、チェーンは持っていないので、
頭に浮かんだ選択肢は....
会社にアクセラをとりに行くか、実家でまだ冬装備の4人乗れるクルマ、マツダRX-8で出張に行く。
という2つ。

RX-8で出張に行くという方を選びました。

上信越道横川付近の水墨画のような風景
横川付近から雪でした。
八風山トンネル付近は、路面上にもシャーベットたちが。

RX-8 上信越道佐久平にて
時ならぬ、
RX-8 と4月の雪
雪を眺めながらの出張。
RX-8と雪 佐久にて

RX-8草笛本店前
東信の汽車達にもご挨拶。
泊まりだったので朝、高峰高原ヒルクライムを楽しもうかとおもっていましたが、
あまり早くには起きれなかったので、東信の散歩もしました。
C56144 小諸にて
小諸にいる、小海線の主みたいな機関車だった、
C56 144
C56 144 あれヘッドライトがない?

RX-8草笛本店前
小諸のC56のすぐ横にある、ウマ蕎麦大量盛りでおなじみ、草笛に家族で行きたいなぁ~
マツダRX-8とC56 144

RX-8と御代田のD51787
御代田のD51787、公開していて柵の中に入れる日に行ってみたいなぁ~と思う、散歩。

外国からのお客さんですから、夜は当然、食事があります。
日本食を楽しみつつ、酔っぱらってきて、趣味の話になりました。
ドイツ人技術者さんは、第二次世界大戦の頃の軍用車をキャンピングカーとして、乗ているという、
マニアでした。
その彼に、俺は、バンケルさんの造ったバンケルエンジン・ロータリー車の古いのに乗っている、
マツダオタクだ。
雪の三国峠にルーチェで

給水塔とライブスチームC56
そして、汽車に乗ってる。
これは俺の汽車で日本の国鉄のC56という汽車で、
ドイツ国鉄で言えばBR24
BR24_hakuba_0001.jpg
と同じような小型の炭水車付機関車だ。
という話をしたら、

蒸気機関を操るのか??男の趣味の中で蒸気機関は、最上級だ。
キングオブホビーだ。
やるなお前?何歳だ??なにまだ30歳くらいだって??OH!!!!

みたいなことを言われて、うまい酒だっ~。という感じでした。たまにはいいことあるもんですね。


RX-8と佐久のC56 101
会社からは案の定、「訳の分からないクルマで出張に行くな」と小言を言われて、
もう二度と、RX-8で出張に行くなんてことは起らないと思いますが、
楽しい、出張でした。
スポンサーサイト
  1. 2015/04/11(土) 04:20:55 -
  2. マツダ RX-8 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



RX-8で雪道を走りSL運行を目指す明知鉄道、義父CX-5・こども汽車を見て大井川へ。




RX-8 雪上
この春で車齢11歳になる我が家の父が乗るマツダRX-8。
BM マツダ アクセラ 後姿
最近、新しいアクセラがやってきて、普段はまず貸してくれないSE3Pを父が、
「名古屋には8貸そうか?その代りアクセラ新潟に乗ってく」
といって、8を借りれました。カミさんと楽しく名古屋へ。
飯田で中央道を下りて153や363、418、419という中部地方の山奥国道を走って名古屋に行くことにしました。
途中、治部坂峠で新雪を発見。FRってたのしいなぁ~最高。ましてやREだしね。
でもこんなことをするから貸してくれなくなる訳で.......またかしてくれないだろうなぁ。
マツダ RX-8 雪上

さて、今回の名古屋行きはカミさんの実家に正月しに行くことと同時に、いま、SL運行を目指している、
明知鉄道を見学する事を主目的としていました。

'27年、中央リニア開業時にSL運行を目指している明知鉄道[旧 国鉄 明知線]を見学してきました。
正月姿のC12 244
現在、明智駅構内に展示されているC12 244は、
恵那市明智小に40年程前から保存されていましたが、昨年12月に復線しました。
保存状態が良くエアで走れる状態な為、明知鉄道では本年度駅構内での体験乗車を予定しているそう。
いいねぇ~乗せてもらいたい。
C12 244 正面望遠
同鉄道と恵那市では同市内に保存されているもう一輌のC12 74も復活させる予定だそうです。

マツダRX-8とアケチ13
リニア開業を見据え一足先にリニアとC12のコラボレーションラッピング車も走らせていました。
同鉄道は勾配が急で蒸気機関車を走らせると迫力ありそうです。

マツダRX-8と大正村
沿線の終点明智は駅を出たら数分で町全体が古い大正ロマンの大正村があり、

岩村城下町のひなびた風景
途中の岩村も城下町だったころの古い町並みが残り重要伝統的建造物群保存地区として国から指定され、
マツダRX-8と岩村城下町
その街並みを抜けると今なお岩村城の城郭の石垣がほぼ完全に保存されています。

マツダRX-8と明知鉄道の里山風景
また沿線随所に里山風景が残って温泉有り、体験型観光を実施する素地もある地域だと思いました。

C12 244 とアケチ10型気動車
観光コースを組み立てやすそうなためリニア開業時に併せてSLを運行すると大きな集客力を持った
地域ではないかと感じつつ、いやー、明知鉄道面白くなりそうです。

C12 244 の足回り
ホントに状態よさそうでした。いいなぁ~!!!!
C12 244 正月仕様

マツダRX-8と四季桜の丘 瑠璃光山
四季桜と言って春と11~12月にかけて咲くという珍しい桜も見れました。
奥三河、もっと行ってみたい場所だと感じつつ
RX-8と四季桜の瑠璃光山

カミさんの両親の家でありがたいお正月を過ごさせていただきました。
義父のCX-5
義父様にお買い上げいただいたマツダCX-5。初対面。
うほぉぅ
CX-5を借りてドライブ。

豊田の廃線になったミニSLのレイアウト
安城の隣、豊田市にある、ミニSLのコース。

よさみのレイアウトの駅
中京、何気にライブスチームのコースいっぱいあるなぁ~
豊田市の廃線になったミニSLのレイアウト
しかしここは廃線みたい。老朽化したからかなぁ??

豊田の廃線になったミニSLのレイアウト ターンテーブル
ホントに立派なレイアウト。

豊田の廃線になったミニSLのレイアウト 鉄橋
いいなぁ。もったいない。
豊田の廃線になったミニSLのレイアウト この雰囲気良いなぁ
この雰囲気良いなぁ~いっぺん日野十日町機関区所属の、

SKYACTIVE LIVESTEAM フォルテ Ver.MAZDAと中央公園の紅葉
おちびさんとか
新春 正月 C56 129 走初め'14
 C56 129で走ってみたいなぁと思いつつ、帰路へ。

愛知こどもの国 こども汽車の乗場
しかし寄り道です。
今度は愛知こどもの国へ。
愛知こどもの国 こども汽車乗場
軽便の趣・にほいが。

愛知こどもの国のこども汽車 発車
発車ぁー

愛知こどもの国 こども汽車 風光明媚な丘を走ります
このように風光明媚な海の見える丘をこども汽車は立派なブラスト音を響かせて走ります。
機関士さん、おいらたちに気が付いてくれてドレン切っていただき、ありがとうございます。

愛知こどもの国に保存されているC11 296
園内には戦時中仕様のC11 296 も。また行ってみたい公園でした。

さてー、帰路帰路帰り道。でもまた寄り道。名古屋から東京へ向かう途中には大井川が。
今年初の大井川訪問です。
整備中のC56 44
 C56 44はまだ整備中。春に行く時は走っている所みたいなぁ。
ターンテーブルに乗ったC12 164
いった時にちょうど千頭からかわね路号が戻ってきました。
なので、C11 277に押されるC12 164
ターンテーブルに乗っかったC12 164をC11 227がひっぱって入れ替え作業を行うところが見れました。
C11 227とC12164
くぅー かっこいい!!!
C11 227 新金谷駅構内で
迫力あるなぁ
C11 227 走るロッド
いい正月休みでした。
大好きなロータリーエンジンを乗せたRX-8で好きなものを存分に楽しむ喜び。最高。
そして、自分の寄道し放題の行動パターンを許してくれるカミさんにも感謝。
そんなお正月の名古屋行でした。
  1. 2014/01/05(日) 06:40:00 -
  2. マツダ RX-8 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



収穫の秋を迎えた十日町へ




RX-8と伊達原秘密航空基地跡の蕎麦畑豊穣の秋、収穫時期を迎えたコシヒカリの産地、十日町へ法事があっていってきました。
今回は父親のマツダRX-8に、嫁さんと両親と、4人で十日町へ行きました。
マツダのRX-8に搭載さたロータリーエンジンも最高な歌を聞かせてくれて良い秋晴れ。

マツダRX-8と伊達原秘密航空基地跡の蕎麦畑本土決戦時に特攻機をは発進させるために整備されたという、伊達原秘密航空基地跡の蕎麦畑。
可憐な白い花がきれいに咲いていました。

昭和40年代の封筒折機さてさて、空き時間を利用して、十日町を散歩しました。
味のある町工場を見せていただく昭和40年代から使われているという、封筒をつくる機械を、見せてもらいました。
すごいなぁ。メカニカルで見てて楽しい!!

とんからりん機織機これは、機織機。
トンカラリンとんからりん!

いざりばた 居坐機こっちは、いざりばた、という古くからの機織り機。
居坐機、足や腰と手を使って機を織る機械らし。今度はやってるところ見てみたいな。

とおかまちプロモーション大使の名刺とおかまちプロモーション大使になったけど、まだまだ知らない世界もいっぱい!
いろいろ見てみたい、十日町のいいところをもっと見てみたい、ということで、
個人を懐かしむ大酒のみ大会まで、山奥にも行ってみることにしました。

八箇の山奥から十日町市街地を眺めるこれは山奥、八箇峠近くの山の中から十日町を。の図。

八箇の山奥の収穫風景収穫の進む、山奥の田圃。

マツダファミリアバンと八箇の山奥マツダファミリアバンでドライブです。

夕焼 田麦側から十日町カントリーの方を田麦・二ツ屋の山奥から眺める、十日町カントリー。

マツダファミリアバンでダートを微妙に滑りながら 田麦の山奥でダートなのでいろいろ楽しみながら。
ファミリアって楽しい操縦性だなぁ。

マツダファミリアバンと伊達原秘密航空基地跡の蕎麦畑またまた、蕎麦畑に。
ホントにいい景色だ。
BFファミリアバンと伊達原秘密航空基地跡の蕎麦畑

さわがにちゃん祖父の家には、湧水を使った池があるのですが、
沢蟹がいました。
唐揚にされなくてよかったね~。
湧水の池の横で沢蟹

妻有の美しい夕景宴会前に、買い出しに行って、美しい夕焼けを見ながら歩いていると、

ススキをかき分ける飯山線 キハ111ススキをかき分けるように飯山線のキハ111がやってきました。

夕焼けの中を走る飯山線戸狩野沢温泉に向けて、走り去っていくキハ111。

美しい夕焼け 妻有にていいなぁ、十日町。

宴会が終わって翌朝、十日町に預けた、電動車の
木工KATO

電動車のチェーンの張りを直すチェーンの張りを調整したり、

大きな大きな茗荷。おばけみょうが大きな大きな茗荷。おばけみょうがをお土産にしたり。いい休日だ!!

頂いたキャノンのA1と300mm望遠レンズと二倍エクステンダーお土産に、とあるおかたから、キヤノンのA1というカメラと、
2倍エクステンダーと、300mm望遠レンズを頂きました。
大事に使います!!!!ありがとうございます。

うれっ子のもやしラーメンと半チャーハン大黒沢と伊達の間にある、うれっ子のラーメンを食べたり、

由屋のへぎそばを食べる、秋またまた由屋のへぎそばをたらふく食べて。
いい法事が出来た。

十日町の秋、よかったです。




  1. 2013/09/29(日) 19:50:04 -
  2. マツダ RX-8 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



13B-MSP レネシス 排気管からの水蒸気に




斜め後ろからRX-8家族が乗るのマツダRX-8。
SE3P 発売月納車の超初期型車両です。
今年の4月で10年選手です。

しかしまぁ、色眼鏡のせいかもしれませんが、10年たった車とは思えない。

RX-8 冬のエンジン始動冬の朝、13B-MSP レネシスに火を入れて、エンジン始動。

排気管から噴き出るレネシス13B-MSP の水蒸気噴き出る水蒸気。
SKYACTIVEもいいけど、がんがん売れてほしいけど、REにもカムバックしてほしいな!
と思う今日この頃。
朗報は、来るのか~?????



  1. 2013/01/29(火) 05:54:09 -
  2. マツダ RX-8 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



マツダ 再生への道 日米の自動車野郎たち を振り返る




NNNドキュメント'02
'02年7月22日 深夜 24:25~25:20 NNN系列で放送。
制作 広島テレビ 55分

広報社員すら入れない開発現場に会社創設以来初めてカメラが入った。
「この車の開発は私の、そしてマツダの悲願です...」
ロータリーエンジンの設計士田島さんが言う。
復活の条件は、「象徴ではなく売れる車」
かつて"ガソリンをがぶ飲みするエンジン"と揶揄された燃費との闘いが始まった。
フォードという黒船来襲から6年。
国際化の波に洗われたニッポン企業の苦悩と可能性を探る。

内容は'03年4月に発売されたRX-8と
新型ロータリーエンジン"RENESIS"13B-MSPの開発記。
'12年に一度or永遠に市場から撤退するという
マツダのロータリーエンジンですが、
RX-8というロータリーエンジンのために
生まれたスポーツカーの開発映像を後世にという思いに駆られ、
本放送から約10年後、RX-8が発売されてから9年後の'12年4月、
youtubeにアップロード。









RX-8にも乗る自分にとっては、ロータリーエンジンの撤退は、
やっぱしさびしい。時代の流れだってわかっていても、さびしいものは、
さびしい。

この内容に関しては、かつて、この日記で、


NHKや、JNNの報道特集、テレビ東京の経済番組で、クルマ開発現場を放送する事は、
多々あったと思う。
しかし、だいたいはいつ発売になるかいまいちわからない
先行開発の物が対象だったり、発売されたもの、などがほとんどだったと思う。
報道特集ではBHファミリアの放送やったりしてたし。
でも、広島テレビの作った、「マツダ 再生への道」は違った。
放送は2002年7月22日深夜というか早朝(だったはず)。
当時、マツダが新世代車の旗艦として開発していた、
RX-8の開発内容が放送のほとんどだったのです。
発売後に明かされ始めた"裏話"的なものまで、がんがん放送してしまって。
当時、RENESISこと13B-MSPに
ジェット・エア・フューエル・ミキシング・システムが
つくと思っていた人はいたでしょうか?
なんだ、あの、ロードスターは?とか。
見てて、興奮しまくり!
終いには、テストコースを公道上では一般人はしないような
疾走をするRX-8が大写しでEND
たまげた。作った広島テレビも取材させたマツダも。
これが外資なのか?と思いましたよ。
また、ブライアンアダムスのI Will Always Returnと
メロディーと歌詞も良く似たThis Is Where I Belongが泣かせるのです。

とか、


共に新世代ロータリーエンジン・レネシスと、RX-8誕生に迫った
プロジェクトX 技術者魂 永遠に と、ドキュメント'02 マツダ 再生への道。
ちょいと、二つの番組の比較をしてみようと思います。
マツダ 再生への道へ の放送は、'02年。
マツダや他の大手二社も外資の軍門にくだり、
その再建への道のりは三社三様でした。
まずは、東京モータショーでの出来事とからめ、
そういった背景をながす、マツダ 再生への道。
次はマツダ社内での変革を流します。
職場内での英語の浸透ぶりや英語研修の様子をながします。
そして、ついに話は核心へ....
'96年の社長交代会見での、ロータリーを巡る
マツダ・フォード両者の意見対立が衝撃的に。
場面は変わり、ロータリーファンが思いの丈を語るシーンと共に、
ロータリーの現状が触れられます。
田所氏もここで登場。次に田島氏、任田氏が出てきて、
それぞれ当時の状況を語ります。そのままの流れで、RX-01も登場。
その後、戦後のマツダと広島の説明が始まり、ロータリーエンジンの歴史・背景を説明します。
燃費改善に関する説明の後、黒いロードスターが登場します。
リーチ氏が試乗したテストコースでの出来事を小田氏の回想を交え説明。
その後、当時のマツダの出来事、商売繁盛安全祈願や宇品第二工場閉鎖、
そして、マツダプロセシング中国での事を流します。
一向に明るい話が見えてこない当時のロータリーエンジンを振り返り、
B作戦の説明が始まります。しかし、ロータリーエンジンの商品計画が消え、
そして、リーチ氏がフォード首脳に掛け合ったエピソードがリーチ氏の回想つきで紹介されます。
現在のRX-8に至った、RX-エボルブのエピソードはここから始まります。
そして、燃費改善の苦労などが流れます。ジェットフューエルミキシングの話がメインでした。
マツダの業績回復にも触れ、RX-8の試作・エンジン搭載風景、その後、
ブリッピングする新型ロータリー・レネシス。

若い技術者に語りかける田島氏。
そして、全力加速をしていると思わしきRX-8が走り去り、エンド...
すごい仕上がりでした。発売一年前にここまでやっていいのか???という内容ばかりで。
まねをしようにも他社にはできない、
あるいはまねをしようとは思わないからここまで放送できたんでしょうか??

'96年当時から順に話を細かに追っていった、マツダ 再生への道。対して、技術者魂 永遠には...

ロータリーの説明から入りました。
歴代の開発シーンなどが画面に映ります。
サーアマルリアクターやFCなどの姿も映り、そのまま主題歌、
そして、スタジオにRX-8登場。
IMSA・デイトナ24時間でのRX-7の姿や、昔の中古車屋さんの風景、
13B-Tのエンジン全景画像、排気ポートにたまるカーボン、
摩擦溶接などまで登場しました。
かつては、J'sティーポなどにも積極的に登場していたと思う
清水氏も登場します。お宝映像満載!!!!
しかし、なんというか、印象が薄いのです。
バランスが悪いというか、なんというか。
多分、再生への道と重ならないように、重ならないようにとした結果、
いいことはいいのですが、後から出したにも関わらず、
私には?マークがつく印象になってしまったのだと思います。

今日は休日なので、技術者魂 永遠に、と、マツダ 再生への道を見くらべた、感想でした。
見比べても放映直後の感想と変わらなかった...でした。


でも、父と話をしていて....
父が言うには、飽くなき挑戦、という言葉、
そして、マツダの浮き沈みが、NHKの意図していたであろう、
日本を奮い立たせるという目的とぴったりあって、今回を含めた本編が3回、
リメイクが1回、さらにスペシャルでの特集につながったのでは??というのです。
確かにそうかも!!!


なんてふうにかいていた時期がありましたが、エンジンオブザイヤーを、
受賞したりした"レネシス"13B-MSPもいよいよ今年の6月、生産中止。

時の流れを感じずにはいられません....

6月ごろになったら、またいろいろRX-8やREのことについて、
書いてしまうと思うけど、

マツダRX-8_SE3P
ロータリーの味っていうのは一回はまると抜け出せない訳です。
スカイアクティブが成功した時は、ぜひ、もう一度、ロータリーエンジン搭載車、
作ってください。
  1. 2012/04/06(金) 00:04:21 -
  2. マツダ RX-8 -
  3. トラックバック:1 -
  4. コメント:3 -
  5. ↑TOPへ



鬼無里の春・白馬ミニトレインパーク見学・日本海の夕陽を眺めるドライブする




RX-8と白沢洞門
近頃、次期足車のデミオが、
6月10日ごろ納車になると言われて、ルーチェばかり走らすのは、
ちょっとまずい.....と思いめったに貸してくれない、
家族のRX-8を借りて、ドライブに行きました。

安曇野の春
近々、休日高速1000円が終わりになるというので、
その前に、思う存分~
ここは長野・安曇野の春。
いいねぇ~

マツダSE3P/RX-8と白沢洞門
そして、1枚目の画像と同じ場所。
白馬と鬼無里を結ぶ国道の白沢洞門。
白沢洞門白馬側とRX-8。
雪をかぶった山々がきれい。
今度は雲のない日にいきたいなぁ。

戸隠の山々と桜
峠を下って、鬼無里へ。
鬼無里も春。
桜と、戸隠の山々。きれいだなぁ。
奥裾花自然園の駐車場にRX-8を止めて、
シャトルバスではなく徒歩で、湿原へ。
約2kmでつけるので、そんなに長時間歩かなくても、
大丈夫。

湿原入口
奥裾花湿原入口。
雪が残ってる!!!!!

今池湿原の水芭蕉
残雪を踏みしめていくと、
見えてきたー。水芭蕉。

今池湿原の春
そして、これらが今池湿原。
雪解水が豊富な湿原に水芭蕉が満開。

水芭蕉
これは、流れの畔から撮った水芭蕉。
きれい。

今池湿原の水芭蕉2
いいものが見れました。


春の雪上歩行
今度はこうみ湿原に行こうと雪の中を歩いたけれど、
コンバースをはいた自分にはちょっと無理な気配を感じたので、
ここで終了。
約2時間、たっぷり気持ちよく歩けました。

長野にて。SE3P/RX-8とDEデミオ
これは、奥裾花自然園の駐車場で隣に止まっていた、
DEデミオ。かわいいなぁ~

RX-8と白馬のジャンプ台
そして、これは、個人的に大好きな白馬のジャンプ台。

アクセラと白馬のジャンプ台
ドナドナしたアクセラ。

白馬のジャンプ台とスクラム
ミニSLを載せて白馬にいった、スクラム。

ルーチェと白馬ジャンプ台
そして、ミニSLを載せていったルーチェ。
今度は秋にミニSLを乗せていってみたい気分になりました。

マツダRX-8と白馬ミニトレインパーク
そして、やっぱり覗いてみたくなる、
白馬ミニトレインパークにもいってみました。
走行しているミニSL・ライブスチームの姿はなくて、
今がチャンス!!!という感じ。

オーナーさんは、C56のスチームアップ中っぽかったので、早々に、
再びドライブ。

なんだかんだで、日本海まで来てしまいました。

マツダRX-8と日本海の夕陽
最高。
マツダRX-8のコックピットから日本海の夕陽を
サンセット日本海。
日の沈む瞬間です。

RX-8とサンセット
13B-MSP・ロータリーエンジンをを搭載した、超初期型RX-8で、
約800km、思う存分走り回ったドライブでした。


  1. 2011/05/15(日) 07:13:50 -
  2. マツダ RX-8 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:2 -
  5. ↑TOPへ



東北の山と海と湖を巡る夏休み温泉ランプの宿なドライブ




RX-8と日本海
夏休み、東北へ、山と海と湖を巡るドライブに行ってきました。
今回のお供は、マツダRX-8超初期型。
RX-8を借りての長距離ドライブはもう二年ぶり位だけど、
エアコンをかけていても±1km/h位の定速走行が可能で、
本当、走っていて楽。
明るくなる頃、首都高を走っていたけど、昼にはあっという間に青森に。

嵐のような十和田湖
十和田湖。嵐です。
RX-8奥入瀬を走る

奥入瀬渓谷'10
木が茂っていて、嵐が余り気にならない奥入瀬渓谷。
奥入瀬渓谷'10 夏
きれいです。
奥入瀬渓谷'10 夏2
癒しの流れです。
奥入瀬渓谷'10 夏3

奥入瀬に自生する爪とぎ草
初めて、爪とぎ草の自生する姿を見ました。

奥入瀬渓谷'10 夏2.5
奥入瀬渓谷、最高です。

RX-8と十和田湖
天気は最悪だけど、楽しい、十和田。

温泉のわく谷
八幡平の温泉の湧く谷。

SE3Pと雨上がりの八幡平の大沼
八幡平の大沼にて。
マツダRX-8と雨上がりの八幡平の大沼
RX-8、惚れ惚れします。
RX-8と雨上がりの八幡平の大沼
販売不振のRX-8。
REが好きな人はとことん好きだし、200万後半~300万円でこのレベルな走る楽しみ方が、
できる車、わるくないと思うけど、世はミニバンと、
高速走行では燃費がそんなに良いわけじゃないハイブリッドの時代。
ドライブ中もスポーツカーやスポーティカーと呼ばれる車にあったのは、
見た車の1%以下だと思いました。
終焉しちゃうのかなぁ?

SKY-G、SKY-D、SKY-DRIVE、そしてあるかもしれないSKY-RE。
マツダが来年から導入するという、
次世代に向けて放つSKYシリーズは、どんなものになるんでしょう?

御座石神社の鳥居
十和田湖、御座石神社の鳥居と昔の人が座ってどうのこうのという御座石。
御座石神社の鳥居と十和田湖

たつこ像
そして、たつこ像。
旅ですねぇ~

日本海の夕方
走って、走って日本海。
SE3Pと日本海
海山湖、いろいろ巡ったドライブですが、仕上げは、温泉。

ランプと露天風呂
ランプの宿じゃないけれど、勝手にランプの宿。
白樺林とランプ
大人の夏休み。
酒はうまいし、さいこー。
お土産の酒や食べ物も楽しみな帰宅後です。
楽しい、山と海と湖を巡る夏休み温泉ランプの宿な東北のドライブでした。
  1. 2010/08/17(火) 12:05:27 -
  2. マツダ RX-8 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:6 -
  5. ↑TOPへ



秋の八ヶ岳山麓を疾走する




RX-8と八ヶ岳山麓
マツダ RX-8 SE3P。
登場から6年が経ちました。
我が家のRX-8は2003年4月発売の4月納車車だったので、
かなりの初期型。
6年も前の車になりましたが、今でも調子は絶好調。
マツダRX-8と八ヶ岳山麓
最近仕事で長野との間を行き来しているのに、
RX-8を借りることに成功したので、思いっきり、
走ってみました。
RX-8のフェンダーと八ヶ岳
やっぱり、REスポーツは楽しいというのが、
偽らざる感想。
SE3Pと八ヶ岳山麓
第41回東京モーターショーで、マツダでは、REの存在が、
あんまりなかったわけですが、
熱効率を改善して、もう少し燃費がよくなるのならば、
REの灯、なるべく消えないでほしぃな~と思った
久しぶりのRX-8ドライブでした。
  1. 2009/10/29(木) 05:30:00 -
  2. マツダ RX-8 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



RX-8も




SE3Pとカーズ
我が家の最新ロータリーエンジン搭載車である、
初期型RX-8(SE3P)。
先日、カーズ気取りにさせた昔の二代目ルーチェに続き、
LA22S、カーズになる
カーズのサンシェイドを使って、カーズ気取りに。
RX-8とカーズ
ヘッドライトがカーズのマックイーンみたいなRX-8に、
似合っているような気がした、カーズのサンシェイドでした。
  1. 2009/10/19(月) 22:37:49 -
  2. マツダ RX-8 -
  3. トラックバック:1 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



雪の日光へ with RX-8




RX-8と光徳牧場への道
RX-8で、日光へ行きました。
1年2ヶ月ぶりに、借りれた家のRX-8。
東照宮と雪をめざして、ドライブ、ドライブ。

RX-8と草木湖の橋
関越を本庄児玉までいって、あとは、一般道。
トンネルを抜けたら
足尾を通って日光へ。

日光東照宮
日光東照宮。
厳かですなぁ~
東照宮の参道
ゆばのそばを食べたり、金屋ホテルのカレーパンを食べたり、
くいまくりで、こりゃ太るなぁ....

東照宮の隣になった青龍神社
これは東照宮より、すこし、中禅寺湖側にいったところにある、
金谷ホテル発祥の屋敷ちかくにあった、
青龍神社という神社。
風情ありました~

トリビュートのパトロールカー
これ、マツダトリビュートのパトロールカー。
始めてみました。

いろは坂を駆け上る、マツダRX-8
さてさて、いよいよ雪原を求めて、いろは坂へ!
ロータリーサウンドをびんびん響かせて坂を登る。
やっぱりアクセラとはちがうや、と1年2ヶ月ぶりドライブして思いました。
マツダRX-8_SE3Pと明智平

マツダRX-8と中禅寺湖
湯元に近づくにつれて、少しづつ、雪が増え始める、中禅寺湖畔。
RX-8と中禅寺湖

中禅寺湖とRX-8
登場から今年の春で6年になる、RX-8。
もう6年目なんだぁ....
SE3Pのボンネットと中禅寺湖半
好きだなぁ~こういう、クルマ。
SE3Pと中禅寺湖

少し凍っている、竜頭の滝
そして、竜頭の滝。
少し凍ってる....
登れない階段
旧道のくねくね道を利用した、遊歩道へ行こうとするも、
ゲレンデみたいになっている道のため、すぐに断念。

冬の戦場ヶ原
さてさて、いよいよ戦場ヶ原。
雪原で、つむじ風が起きてて、いいねぇ~こういうの。
外は、-5度の世界を疾走
車載の温度計は-5℃。
ロータリーエンジンの発熱を拾っているはずなので、
実際は、-7,8℃という所とおもわれます。
RX-8とやっていた光徳牧場
湯元で、温泉臭を楽しんでから、
光徳牧場へ行くと、売店、やってました。
自分は、迷わず、ホットミルクを選択して、しました。
でも、寒い中で、アイスクリームつうのもいいもんだとも思いました。
道中すれ違ったり、牧場で隣に停まってた、
パリダカにもでれちゃうような大型四駆の人々が、
えっ??そのクルマで??つう顔で見てたけど、除雪してあって、
雪が車体のそこに詰まってカメさんになるような道路状況でなければ、
RX-8とか、普通の後輪駆動車でもぜんぜん大丈夫!
もう次に借りるというのはないかもしれないけど、また借りたいなぁ~
のってて、本当ぜんぜんくたびれないし、楽しいし。
粉雪の積もったRX-8

綺麗な戦場ヶ原の夕焼け
夕暮れの戦場ヶ原と中禅寺湖。
綺麗だ。
綺麗な中禅寺湖の夕焼け
本当に綺麗で楽しい、冬の日光でした。
RX-8と湯元の道












  1. 2009/01/05(月) 00:49:18 -
  2. マツダ RX-8 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:3 -
  5. ↑TOPへ


NEXT

がく

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Manufacturer Link

Search