がくのロータリー人生

二代目マツダルーチェと三代目プレマシー、ファミリアバン、C56に乗るがく




会社の人と鎌田鳥山に行く・三河の春を楽しむ




鎌田鳥山入口にて
鎌田鳥山に会社の人と行ってきました。
鎌田鳥山の夕景
今回も好評でした。
会社を定時退社後に3台の車に分乗して、野猿峠近くのお店へ。
日が落ちる前ですから野鳥、鶯や名前も知らない野鳥がさえづっている森を歩いて山小屋へ。
飲み会のポスター

今年頂いた社長賞
過日、飯山線のSL招聘活動にか関わった件で頂いた会社から頂いた、
個人賞を有難く使わせて頂きました。

鎌田鳥山から見える桜
これは4/8頃、山小屋から見えた桜。

やきやき
やきやき。
囲炉裏端にて

焼いてる最中
こんなんだからみんな大好きになっちゃう。
宴最高潮
今回は3組のお客さんがいました。
1組は近くにある大学の学生さんたち。
学生のうちからここに来れるなんて羨ましいぞぉ~

鳥山の夜
最高でした。
カクキューの旧本社
でもって翌日は4時に家を出て、名古屋へ。
三河の春を楽しみました。
桶 でっかい
カクキューという宮内庁御用達の味噌屋さん見学。
カクキューの味噌蔵の中
構造物が美しい。
カクキューの味噌蔵の中


岡崎城へ
お城も見学。
城の坂にて

岡崎城のお堀
もう新緑が眩しくて、
いい感じの名鉄バス 看板
気分最高。
岡崎城

岡崎城より大樹寺を望む
お城から見える、大樹寺というお寺にも行ってみました。
ここは、徳川家康が今川さんが桶狭間で打ち取られたときに逃げ込んだお寺、であり、
菩提寺なんだそうで、とても立派なお寺でした。
大樹寺

大樹寺から見える岡崎城
門から見える岡崎城
大樹寺の池の亀

掛川の山ン中
そんなこんなで帰ってきました。
作っていただいたお弁当、おいしかったです。
足柄SAでピクニック気分お昼ご飯

鹿肉焼き焼き
帰ってきて、お土産で頂いた奥三河で捕れた鹿肉を焼いています。
今回の外出も楽しかった。
鹿肉を焼いて・筍を焼いて

スポンサーサイト
  1. 2017/04/23(日) 17:49:46 -
  2. 外出 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



OS関東新年運転会




家族でOS関東運転会へ
OS関東新年運転会でした。
トーマスを借りて
トーマスに乗せてもらった我が子。
終列車は急遽、信号所役
去年の府中で2日目に機材不調になっていたシェイも、
復活、シェイクダウン。
シェイクダウン シェイ


イヤー2気筒や4気筒のマレーなどとは違い、トルク変動が少なく、
振動も少ない走りが、本当に最高。
シェイクダウンに乗らせていただきありがとうござました。

17年庭の桜が咲く
ここ数日の暖かさで庭の河津桜が咲きだした。
寒くなったり暑くなったり変な天気だと思う今日この頃ですが、
カニを焼く
陽気が良いので夕食の準備も寒く無くていい感じです。
休みの日は良いなぁ~とシミジミする1月最後の休みでした。
  1. 2017/01/29(日) 17:45:51 -
  2. 外出 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



義親様と払沢の滝




中京からCX-5がやって来た
トヨタのお久元からマツダのCX-5に乗った義親さんたちが遊びに来てくれました。

愛知の方でいうと足助とか豊田市の山奥の方の雰囲気に近い、
檜原へドライブに行きました。
移設し工房になっている旧檜原郵便局
旧檜原郵便局。
山の中を往く家族
山の中をいく家族。

払沢の滝
払沢の滝。
終わりかけの紅葉

こんにゃく煮込み
美味しい物を食べて、
ギャラリーやまびこのこんにゃく

ちゃんちゃんやき
家では宴。
チャンチャン焼き

楽しかった~。
遊びに来ていただいてありがとうございました。

  1. 2016/12/03(土) 23:59:13 -
  2. 外出 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



配9756




とある心ある方より頂いた情報。
もう過去の列車なので良いでしょか?
11/22-23
EF64 1052 + C11 325 + オヤ12

配9756
長岡2130⑤
宮内2137
小千谷2148
越後川口2208-18
小出2235
浦佐2251-2312㊥②
六日町2335-55㊥
越後湯沢027-37
越後中里052-122㊥
土樽136
水上210-23
沼田250-308
渋川342-410㊤①
新前橋436-41
高崎456⑨

飯山線SL運行のまつわる返却回送の時刻でした。
実は送り込みの時も高崎近辺まで行って、新潟側は市民の会の会員さんに、
保存資料として撮影してもらいました。
その後日版という事になります。

上越国境の向こうは十日町在郷の方に任せて、
おいらは関東側を担当。
渋川にて配9756
渋川
渋川にて

高崎にて
高崎

飯山線沿線では、SLの持つ魅力を再確認し、
その集人効果の凄まじさにおどろ居ている人多数、だそうです。
  1. 2016/11/23(水) 07:23:17 -
  2. 外出 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



飯山の汽車に




飯山線のC56 129  C11 325と対面
飯山で静かに眠るC56 129
今を生きるC11 325 と対面
  1. 2016/10/19(水) 07:22:20 -
  2. 外出 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



しながわ水族館へ




しながわ水族館 魚のトンネル
家族でしながわ水族館に行っていました。
混んでいるさなか、一瞬の隙をついて、な画像たちをどうぞ。

しながわ水族館 とどのトンネル
しながわ水族館はチューブの中から生物を見れる、というのが素晴らしい。

しながわ水族館 熱帯魚
熱帯魚さんに興奮。

しながわ水族館 トンネル
このおねえさんが水に飛び込んできたとき、俺は本当に驚いた。

しながわ水族館 くらげ
くらげちゃん。

角質を食べてくれる魚に
角質を食べてくれる魚、子供もパクパク。

しながわ水族館 イルカショー
イルカのショー。

しながわ水族館 イルカちゃんのショー
芸達者ですねぇ。

しながわ水族館 イルカのショー
ジャンプして、
しながわ水族館 迫力のイルカショー
じゃブーン。

楽しい楽しい水族館でございました。
  1. 2016/07/18(月) 04:54:12 -
  2. 外出 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



レトロみなかみを見るために[上州いいとこ]




ドンと焼の櫓を作るためにクレーン車??
昨日の日記には書かなかった部分。
東京日野から渋川あたりまで行くのには、
一般道を国道16号をつかって約40分ほど走り、
あきる野・青梅・入間ICあたりで高速に入るのが、お好みコース。
でもって高速は捕まっても青切符の範囲で走っていると、
大体1時間後には駒寄PAという渋川の近くまで行きます。

高速を降りて上越線の方に走っていくと、
なんとクレーン車。

でかいドンと焼の櫓
帰りも通ってみたら、30mくらいあるんじゃないか?
な櫓ができてました。すごい。

岩戸屋
こちら、水沢うどんの岩戸屋さん。
個人的に大好きです。
切り株の机
すいていたので、切り株でした。
岩戸屋のうどん

なんじゃー??
さて汽車です。
渋川駅のにぎわい
本当は真岡に行ってイチゴでも食べてと思っていたんですが、
どうせ見るならでかいほうにしてみようか?
ということで上越線を選んでみました。
D51 498 新春の上州を走る
いままで、車のまねとか、汽車のまねをしていた子供。
真似がよりリアルになりました。
シュシュシュシュと言ってみたり、汽笛がよりリアルになったり。
うひょひょ。うれしやー。
娘、初めて動く大きな汽車を見る
  1. 2016/01/10(日) 18:07:42 -
  2. 外出 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



ひらゆの森の客室露天で温泉三昧




前職の退職記念、来週に迫ったイルミトレインの壮行、家族への感謝を込めて、
どこかに旅に行きたい、という事でいろいろ探しだしたのが、11月半ば頃。
海外?沖縄??北海道????
イルミネーション電飾ミニトレイン '13
12月はイルミネーショントレインの準備もしなきゃけないので、
日光とか関東近辺で客室露天があって
出来れば硫黄の匂い漂う濁り湯が客室露天で味わえ、
欲を言えば雪見出来る場所を探したのですが、
湯はあっても、子供がダメな高級な場所、
箱根は雪がないし、などあちらたてばこちらたたずみみたいな場所が多く、
ちょっとあきらめかけたわけですが、
自動車整備士資格を取るために暮らしていた飛騨高山の山奥、
旧上宝町、現在高山市奥飛騨温泉郷にそれはあったのであります。
ひらゆの森の灯台
じゃーん。
ひらゆの森。
平湯の森の玄関

玄関を入ると一風古めかしい雰囲気が漂います。
ひらゆの森 売店横の喫茶
お土産物売り場、喫茶スペースを横目に、畳敷きの広い廊下をクネクネ。
日帰り用10時から21時まで使える男湯女湯の脱衣場入口を過ぎ、
コテージ用玄関を出ると、
ひらゆの森 板蔵の郷
ひらゆの森 板蔵の郷 に到着です。
もう雰囲気にノックアウト。

昔は三井の神岡鉱山の保養所だったという本館18室・新館7部屋、
それから、移築された1階は休憩所で上階が宿泊施設の合掌棟7部屋
という宿泊施設さんですが、広大な敷地に中に、
善助・猪之助・松造・甚三郎・音之助と現在5つのコテージがあります。
囲炉裏のある部屋もあるようです
囲炉裏付の部屋もあるようです。

ひらゆの森 板蔵の郷 松造庵
このたび我が家族は松造庵に逗留~。

硫黄泉付客室から見える雪景色
窓からは雪景色。
やばい、ヤバすぎる。
雪の中のひらゆの森 松造庵
庵には春から秋にはそこで過ごしたいようなテラスがあり、
その一角に、
ひらゆの森 客室露天 硫黄濁り湯の図
ずびーん。硫黄濁り湯ー!!!
うはは。

硫黄の湯の湧く壷
硫黄の湯の湧く壷より,
ペットボトルで簡易計測した結果、毎分約5~6L程度の湯が......
すごい!!!
かなりの温度なのでここで温泉卵が出来そうです。

雪見酒
扉を空けると、こんな感じが自分の部屋で味わえちゃうのです。
すごいぞー!!!!
お値段がですね、平日たったの税別2万3千円なんです。
1棟のお値段。
休日2万7千円。
安い、
大人二人なら1人1.15万って事???
夜飯・朝食は別途ですが、部屋にHIクッキングヒータがあって、
庵のミニキッチン
ナベくらいは楽勝。
施設の食堂もあってこりゃたまらんな訳であります。

もみの木 そば打ちどころ
もみの木という食堂があります。
ひらゆの森 もみの木 メニュー

KIMG0157.jpg
いわな。

KIMG0151.jpg
飛騨牛

ひらゆの森 きのこ
キノコ。

雪を見ながら食事。最高。

ひらゆの森 夜 露天風呂
この度は、滅多に行けない平日の旅行、という事で、2泊した訳ですが、
夜の露天風呂も最高でした。
ひらゆの森 夜の露天風呂
1日目、夜2時から3時まで、
2日目、夜1時から2時まで、
ゆっくり入りました。
夜の喫煙スペース

夜の飲み物
飛騨牛乳、ウマし。

ひらゆの森でお昼寝
部屋は床暖房付で外は寒くてもぽかぽか。
雪見障子ですから全部障子にすることもできます。
ひらゆの森 夕焼け
夕焼けもきれいだった。

家族で入れる大きなお風呂もあります。
畳敷きの長い廊下
畳敷きの長い廊下を本館まで進むと2つの貸切風呂があって、
貸切風呂の脱衣所
神岡鉱山で亜鉛の精錬に使っていた釜をアレンジしたらしい内湯と
貸切風呂の内湯
露天が。
貸切風呂の露天
60分以内を目安に貸切できる、とのこと。

ひらゆの森 コテージ 庵 で朝ごはん
朝ごはんは、庵でも、
ひらゆの森の朝食
どんぐりという食堂でも食べれます。
朝飯もうまかった!!
子連れという事で一番奥に広々とした席を準備いただいたり、
ひらゆの森 足袋 靴下
足袋靴下が有ったり、
心遣いがにくいねぇ。

庵にはオーデリックのレトロ電燈の他に、
笠松さんひらゆの森にて
客室露天や駐車場のとある場所には、
笠松電気が。
夜の笠松さん

客室露天に入る親子
そりゃー唄うしかない。
唄う親

ひらゆの森 コテージ 庵 雪だるま
飛騨高山で湯治でした。次の職場に勤め出したら、
平日には当分はこれない訳で、思う存分楽びました。
雪を見ながら温泉三昧、最高でした。
このブログに書くと将来、そこで妄想した事はそのうち叶う、と書きましたが、
今回も書こうともいます。

飛騨の板蔵を移築するわけじゃないけれど、
ログとC56
森林に木をふんだんに使った小屋を建てて、
その周りには自動車整備が出来たり汽車が走り回る。
そんなこと、いやってみてぇなぁ。と感じたわけですが、
一番よかったことは家族と行けた事。
よかったよかった。
  1. 2015/12/20(日) 04:23:26 -
  2. 外出 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



硫黄の匂い漂う濁り湯客室露天にて




硫黄の匂い漂う濁り湯客室露天にて
現役としては滅多に無い機会。
硫黄の匂い漂う濁り湯客室露天にて。
たっ、たまらん
  1. 2015/12/18(金) 09:30:09 -
  2. 外出 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



名古屋八事で執り行われた結婚式にて[いざ、トヨタのおひざ元へ]




実は、2週連続で名古屋へ行ってきました。
カミさんの弟が結婚式だったのです。

多分もうしばらくないであろう結婚式。
ゆっくり飲んで、気分がよけりゃー唄って、なんて気楽に考えていましたが、
今年五月、カミさんの弟そして義親様から「ビデオよろしく」
と言われたのでありました。

速攻で不機嫌になるカミさん。
「子供はどうするのよ???」と。

俺がずーっと席を離れると子供の面倒はカミさんが.....
なわけでありまして、いったんビデオはお断りする事になったのですが、
機材運搬車は帰りに代行を付ける[ってことは飲めちゃうわけだ!!!!!]
子供の面倒はみんなで見る[ってことはカミさんもお料理を味わえちゃうわけだ!!!!]
等々で断る理由が無くなりまして.......

産業まつりの翌週、1週目にカミさんと子供を名古屋に届けて、
おじいちゃのばあちゃん孝行していただくこととしました。
飯田からは153号を通り、名古屋へ。子供を横Gに慣らす第一歩です。
先週は、外部の撮影を受け付けない格調高き式場らしい、という事で、
名古屋訪問2週目は前日の金曜に名古屋に行きました。
またまた153.
信玄塚
この街道沿いのどこかで信玄公がお亡くなりになった、というのはたぶん本当の話です。
信玄塚へ下る坂道

さて国道153号には、トヨタ自動車さん関連の保養所があります。
ゆーらっくす冶部坂 センターハウス
週末は大人気らしいですね。
コテージ・カナディアンログハウス・フィンランドログハウスの3タイプが全部で十数棟あるらしいです。
冶部坂のコテージ群

あららぎ山荘 山の家
冬は閉鎖になるコテージ。こっちは関連部品健保さんがやってらっしゃるようです。

「え???がくのロータリー人生でトヨタ????」
と思われた方、良い感されてます。
私の身にいったい何が起こったのか???
それはおいおいでございます。

名古屋・八事の高そうな結婚式場
じゃーん。八尾です。
アーベリル迎賓館 八事です。
ここで結婚式。
東京で言えば青山みたいな場所だと思います。
緑有、墓もあるし大学もあるし、という場所です。
ちなみに普段は手持ちのホームビデオしか参列者の撮影は受け付けてないそうです。

といくことで基本手持ちメインで。
挙式
壇上には借り物のGoPROしか許可でず。GoPROや予備CAMを提供いただいた自作様に、
いつもの如く感謝です。

式場内で見つけたおしゃれ暖房
おしゃれ暖房がそそります。

蝋燭と池
刑事コロンボで見たような風景です。
ここはビバリーヒルズか??
結婚式場内の池
うはぁ、だれかここに飛び込むんじゃないか??と淡い期待を抱いておりましたが、
特になし。
しかし、別の物が飛び込みました。
風船をもって
参列者一同、風船を、
風船を池に投げ込み
池に投げ込み、
とんでけ風船
浮上開始!!
浮上風船
風船が飛んでいきました。
とんでく風船
たまげたねぇ。
娘、初結婚式
娘も初結婚式。
黒い何かを担いで動き回る父を不思議そうに見つめておりました。

セッティング中
良い結婚式でございました。
クリスマスツリーとイルミと池
いつもの如く、自分を自由にさせてくれるカミさん、そしてすべての行動をサポートいただいた義親様、
現在、家を建てている訳で実は結婚式の日は棟上だったのですが、そういう日に日野を離れても大丈夫、
という、其れを支えてくれる両親、そしてどんな腕をもってるか???な私に依頼してくれたカミさん御弟夫婦、
皆様に感謝です。
娘よ、俺みたいな自由人を将来連れてくるんだぞぉ~
そんな結婚式でした。
  1. 2015/12/05(土) 05:59:06 -
  2. 外出 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ


NEXT

がく

03 | 2017/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Manufacturer Link

Search