がくのロータリー人生

二代目マツダルーチェと三代目プレマシー、ファミリアバン、C56に乗るがく




トヨタ博物館に行く




マツダとトヨタが業務資本提携するに至り、トヨタの事をもっと知ってみよう!
ということで、長久手にあるトヨタ博物館に行ってみました。
気になった車たちの写真を羅列!!!!
クラシックカー 操舵可能
これは新館出口におかれていたスイフトという1905年、イギリスの車両。
乗車に操舵可能。すごいぞ!!!!!トヨタ。

国産の乗用車達
ダットサン(日産)に筑波号
共に1930年代前半の車両。
この頃の車は結構形が似ているなぁ。

これは日本のクボタ1928年頃のエンジンですが。日本の戦前の工業製品はこんな感じだったんだなぁ。
よくアメリカに喧嘩を売ったもんだ......

オースチンセブン
たぶん元のネタはオースチン??

オースチン10
ミニSLを嗜んでいる方々の中でオースチンに乗ってらっしゃる方が居て、
つぶさに見せていただいた事がありますが、貴重で重厚で宝のようです。
貴重な車が沢山あるなぁ、トヨタ博物館。

プジョーべべ
プジョーのべべ。

ド ディオン ブートン 1 3/4HP
うわーこういうの大好き。フランスだって。
でも不便であっという間に廃れたらしい。
ド ディオン ブートン 1 3/4HP 約250mLのエンジン

ベンツパテントのエンジン
レプリカだそうですが1886年のベンツのエンジン。

BSモーター
モペット、ブリジストンがかつて二輪車をやっていて、ホンダのカブが売れる前まで、
天下を取っていたらしいエンジン。

フジキャビン
フジキャビン。
戦前、飛行距離記録を作った航研機や神風号を製造した瓦斯電、その分派は日野自動車の源流にもなる訳ですが、
そのガスデンを源流とする富士自動車という今は無いメーカーは、
富士自動車という社名が変更された後は、小松ゼノアと名乗っていた会社です。
小松ゼノアは現在のハスクバーナ・ゼノアってことは、
エンジンサイドカバーを磨く
こいつのご先祖様です。
日立航空機立川工場変電所と小松ゼノアのエンジンを積んだフキプランニングのモペット FK310 LA3
立川工場で作られていたらしいですよ。フジキャビン。
ちなみに日産の主力工場の一つ、横浜の追浜工場は、戦後、
富士自動車が朝鮮戦争で壊れた米軍車両を直す事業を展開していた場所だそうです。

マツダ 三輪トラック
いよいよマツダです、
キャロル
三輪にキャロル。
ファミリア サニー カローラ
かつてはカローラとサニーに並ぶ国民的大衆車だったファミリア。
コスモスポーツ
コスモスポーツ
BD型ファミリア
売れに売れまくった、ファミリア。
凄い博物館だと感じました。
トヨタのすごさが少しわかった気がしました。
そして、昔から他所はやらないような技術開発をするマツダの事がより好きになった気がしたのでした。
スポンサーサイト
  1. 2017/08/16(水) 23:53:09 -
  2. クルマ -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



2tにて




積車4tセルフローダー
4tの積車に乗ったとき以来、久しぶりに
積車にのったルーチェ
1t以上積めるトラックに乗って、前は横浜にに行ったけれど、
2tトラック
今日は、長野に行ってきました。

野辺山のC56
野辺山、紅葉がきれい。
2010年10月26日、川上村市場坂の紅葉
空気が澄んでいる感じで、本当いい感じ。
2010年10月26日の野辺山駅前の紅葉

夜は行ったときのような霧ではなく、
2010年10月26日の野辺山駅前の道路と紅葉

10月26日午後6時、気温が1度になっていました。
2010年10月26日、野辺山午後6時前の気温
もう冬だー!
  1. 2010/10/26(火) 23:26:59 -
  2. クルマ -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



モータスポーツの秋




先日、岡山国際サーキットで開催された、
アジアン ルマン。
アジアン ル・マン、ACO JAPAN 代表が元マツダワークスドライバである、
ACO理事の寺田陽次郎氏という事もあってか、
ペースカー提供がマツダであったらしいというイベントだったそうです。

気温が下がり、おいしいものが増えてきましたが、
エンジンやマシンにもやさしい季節になってきました。

そんなこんなな今日この頃、
自分は、5年ぶりにカートに乗ってみました。
RA飯能 ナイター
自動車販売業を営む先輩のお店のイベントで、RA飯能を借り切っての、
走行会イベントに数あわせで。

5年ぶりのカート。
おりゃーテールスライド
(画像は5年前)
わけあってそういう種類のクルマに乗らなくなったけど、
自分はサーキットでモータスポーツを体験するなら、
市販車に相当な金をかけていじってサーキットで走るより、
はるかに簡単に、はるかに安い金額で、はるかに高レベルな
ドライビングができ走る喜びを感じれる乗り物がカートだと思ってます。
ZEROカウンター
市販改造車では、なかなか即座には調整できない、できても金額を相当かけて、
パーツをつけておいて、とかでもカートに比べると狭い調整幅である、車高やシャシ剛性、
フロントトー、キャンバ、キャスタ角、トレッドとか、
本当に多種多様な調整ができて、さらに、
自分の体を使って、ブレーキの効き具合を
変えたり、コーナリングのきっかけを作ったり、と、
本当にいろいろ試せるのが、カート。
そして重量が絶対的に軽いから動きがクイックなのです。

一度、乗ってみれば、市販車って本当に快適だし、そうとうだるく出来ている、
と感じるクルマがカートです。

そして、カートを体験すると、公道上で危ない思いをして、
早くなるよりも簡単に運転がうまくなる、と思います。

で、久しぶりに乗ってみました。
RA飯能のレンタルカート
元が飛行機会社で今は水平対向エンジンが売りのメーカ製の4stエンジンを
載せているマシン。
KTとかと比べると、5馬力くらい低い9馬力位らしい、このエンジン。
RA飯能の午後6時半、同じ組で走った人の最速タイムが34.5秒。
自分はそれより3秒落ち。
あれー、へたっぴだなぁ~な訳です。
途中から雨が降ってきたけれど、その最速の人よりも
3~4秒も遅いわけです。
ナイトピットC
でも、初めて走ったコースだったけれど、もしも次に走るのならば、
1秒落ち位にはなりたいな!?
という感触を得ました。

もう一度体を鍛えて、体をはって、リアのトラクションを稼いで、
ブレーキングをして、制動距離を縮めつつ、
少し冷静になって、突っ込み過ぎないようにして、
次のコーナを考えた運転をして、
縁石を使うコーナは積極的に使って、ってすれば、
ドライなら3秒くらいは簡単に縮められるはず。
ナイトピット
カートもモータスポーツのひとつである訳ですが、
やっぱり、走る喜びが溢れる乗り物でした。
先輩、また呼んでくださいねぇ~

  1. 2009/11/04(水) 00:12:56 -
  2. クルマ -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



OSLに




桶川スポーツランドとソニーのV1J
昨日は、OSL、桶川スポーツランドという、サーキットへ行きました。
もちろん、自分が走るわけではなく、友達の、走行を撮るために。
暑かったけど、楽しかった~
V1Jとバイク
昨日は、バイクとカートの走行日でした。
久しぶりに見た、カート。
暑い中、よく走るなぁ~
そのうち、血の気がおさまる年になったら、もう一度くらいは、
乗ってみてもいいかも!と思う気分でした。
カートでスライド2


  1. 2008/07/14(月) 05:36:52 -
  2. クルマ -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



6月最後の夕焼けをみながら




'08年6月最後の夕焼け
'08年6月30日。夕焼け。午後7時過ぎ。
場所は、平成狸合戦ぽんぽこの舞台となったニュータウンより、
もう少し、新宿よりの辺り。
この写真の反対側には、自分が昔、バイトしていたブランドのお店がある。
昭和シェル石油の給油所
多分、今日から、ガソリン値上げ。
もうそろそろ、とまらないかなぁ~。
  1. 2008/07/01(火) 05:42:55 -
  2. クルマ -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:2 -
  5. ↑TOPへ



講演




20080427142207
講演がはじまりました。
以上です。
  1. 2008/04/27(日) 14:22:10 -
  2. クルマ -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



湘南へ行く




夜の湘南の橋
会社で仕事を終えた後、湘南へ行きました。
スズキアドレス
何をしに行ったのかというと、
一台の原付を買いに。
かなり格安。
クルマでの通勤代が高いと嘆いている友達用。
そして1週間ぐらい自分で楽しんで、渡す予定の原付です。
よさそうな原付でよかった、よかった。
  1. 2008/04/11(金) 05:59:28 -
  2. クルマ -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:2 -
  5. ↑TOPへ



2007 FIA F1世界選手権フジテレビジョン 日本グランプリレース 決勝




シフトアップでけつプルプル
今日、富士スピードウェイで開催された、2007 FIA F1世界選手権フジテレビジョン 日本グランプリレース 決勝。
見に行きました。
バンガローで、のむ
金曜、フリー走行が終わって地元に帰りましたが、土曜は雨で稲刈りができなかったので、再び土曜夕方に現地入りしました。
昨日、土曜は富士への到着が遅れたので、先に行った方々から聞いたところ、シャトルバス、動かない!!!!という事だったので、今朝は、徒歩。
朝、徒歩で入場
FSWに到着。
ゲート


雨が酷くて、もしかしたら、ペースカーが入ったまんま最後まで入りっぱなしでレース成立になるんじゃ????とか思ってみていると、ようやくペースカーがピットインして、いよいよ!!!
もー全開
シフトアップ時に、リアが暴れるのが良く見えました。
今日は、D席に入れました。
本当、ありがとうございました。
はや!!
レースは、67周。
初めて見る本気なF1にびっくりしました。
ところで、今のF1、V8・2.4ℓエンジンの音がなんだか、REみたいに聞こえてきていた今日でした。
FISCOで開かれたエキシビジョンでしか見たことのない4ロータ・ロータリーエンジンのエキゾーストノートを少し大きくしたような感じ。
金曜の方が、迫力あった気がする。
今日1コーナーの立ち上がりで見てたので、エンジンに制御が入って音がばらつく事もあって、そう感じたのかも。
しかし、みんな、よく、コントロールするねぇ....
みんな凄いよ。
かえれー!!!!
さて、レース終了。
かえれー!!!!!
バスに乗れねぇぞぉ!!!!!!

バスだらけ
バスだらけ。
自分は写真とってないのですが、モビリタにも、バス、びっちり。
何台いんの????つう感じでした。
バスの列
さて、帰りも、徒歩でサーキットの外へ。

帰り、バイク
今日は、原付ではなく、排気量の大きなバイクで、明神、三国峠を越えて帰宅しました。
フォンフォーン
土曜、日曜といった山中湖のジョナサンでおばさんに、サービスしてもらって、なんだか、とっても得した気分。
山中湖を眺めて

さてさて、C席は、払い戻しがあるようで....
シャトルバスも、来年は、もう少し考えないと、F1はふたたび鈴鹿に行きっぱなしになっちゃうかも....
な感じです。
幼なじみはバスに乗れたの、今日も午後九時だったそうです....
さらばFISCO
でも、FISCOからFSWに生まれ変わっってはじめてのF1、見れて良かった~!!!!
昨日、今日も、本当、どうもありがとうございました、な一日でした。

  1. 2007/09/30(日) 23:16:33 -
  2. クルマ -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:6 -
  5. ↑TOPへ



レース終了




20070930182824
富士スピードウェイでのF1終了しました。
雨のレース終わりました。
詳しくはまたあとで
  1. 2007/09/30(日) 18:28:25 -
  2. クルマ -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



ヤバイ




20070930092432
富士スピードウェイでのF1、やばい。
シャトルバスは昨日めちゃくちゃだったそうな。
道路陥没って....
今日は雨と霧で本戦できるんだろうか?
  1. 2007/09/30(日) 09:24:35 -
  2. クルマ -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:4 -
  5. ↑TOPへ


NEXT

がく

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Manufacturer Link

Search