FC2ブログ


がくのロータリー人生

二代目マツダルーチェと三代目プレマシーやC56に乗るがく




気になる車




ピアジオアぺの新車
気になる車。
西宮のガレージだと約105万円ですが、滋賀のお店だと約95万円。
良いなぁ。
もでイタリアだと47ユーロのクルマが何で日本だと100万円になるんだ????
不思議ですね。

立川パラダイスとミゼットの朝の様子 カラー
ミゼットだともったいなくって農業にはあまりガンガン使えませんが、
アペならベスパのパーツがつかえるらしいし、
たまも豊富なので、使い倒せる気がする。
ちなみに、アペとミゼットはサイズはほとんどおんなじ。
かわいいなぁ
戦後間もなくから製造が始まり、数度のモデルチェンジを来りかえし、
2サイクルエンジンのまま現在はEURO4という排ガス規制にも適合している、
というこの車。
上の画像のような古い個体の中古なら、行けそうな気がする。
キャリイと紅葉
速くこれを手放そう!
スポンサーサイト
  1. 2018/11/15(木) 05:42:41 -
  2. クルマ -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



この週末の事、秋は忙しい......




日野自動車サービス技術コンクールの玄関
最近、平日は案外外に出ている私。
昨日、土曜日はご覧のような写真の場所に居ました。
例年、秋は収穫の時期でもあり例年忙しいんですが、
今年は、勤めの事も、地域の事もあり、例年以上に忙しい。
簡易日記になります。ご了承ください。
どんぐり運動会
今日は娘の運動会。
娘、運動会は初なんでないかい??
運動会、娘
普通の、一般的な父親ならば、ずーっとビデオを撮ったり、
写真を撮ったりしてるんだろうと思うんですが、
娘よごめん。

柿の木とミゼット
今日は次の土曜日に予定されているイベントに向けて、
ミゼットの荷台に手持ちの農業用石油発動機の中では一番小さい、
久保田のAHCを荷台に南京縛り&石油発動機と蓆でドレスアップ。
娘の運動会より、日野が農村だった頃の姿の再現を目指したミゼットを仕立てる父。
あちゃー。
不特定多数の方々が出入りする場所なので、ガラスオイラーは外しました。
さてさて、評判はいかに?!?!
ミゼットの荷台に久保田
ミゼットのドレスアップくらいなら、運動会にずーっと出れるはずだったんですが、
富士山真っ白10/21
富士山が真っ白になった今日は、
祭、準備中
部落の祭でした。
秋の一日汽車ぽっぽ
予想外に大盛況↓。
芋煮会みたいなのりなんでしょうね。たった数時間ので出来事ですがビール二樽、つまり40Lが。
いいなぁみんな、俺も飲みたかった。
芋煮会のような???地域のお祭
私は、汽車担当なので自粛です。

今日の報酬、サッポロ生ビール!!
ということで、今日の報酬は、サッポロ生ビール。
クルマを敷地に入れた後でカンパーイ!!!!!!!
うーんうまい!!!

週中の更新を予定している次の日記やその次の日記は、
自動車関連のことになる予定です。

おわり。
  1. 2018/10/21(日) 17:35:30 -
  2. クルマ -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



東京モーターフェス2018に行く。仕事?そして夕方からは地域のお祭りの相談をする。




お台場で展示されている日野車
10/6~8まで、お台場で東京モーターフェスが開催されています。
バブルの頃を思い出してとかいろんなキーワードがあるようですが、
そんなイベントに、私も首からこんなものを下げて参加してきました。
ちょっとこんなものを首から下げて

スバルはロビンエンジンを載せた子供用カートを出して、
本田とヤマハはご覧のようなバイクを出していました。
バイクで走る子供達 昔の多摩テックみたい
昔の多摩テックみたい。良いなぁ。
ヤマハの子供用バイクは2サイクル。いい音響かせてました。
良いなぁ。
マツダはレーシングスーツの試着をやってました。
ヤマハもバイクを出して

良いなぁ、マツダも日本でBT-50、昔のプロシード売ってくれないかな?
マツダも海外ではピックアップトラックをまだ売っています。
フォードベースのマシンですが、トヨタのハイラックスを見て、
本当にいいなと思いました。我が家のライフスタイルに、ピックアップってぴったり。
マツダも国内で売ってくれないかな??????

地域のお祭りの打合せ
そして、午後6時からは地域の祭り事の打合せでした。
今まで行ってきた伝統的な祭りとは別に新たに地域を愛してもらう為の
祭を立ち上げる事になりました。
数年前にも2回ほどやって立ち消えたイベントを、これからは本腰入れて、
持続できる様、に40歳代の若い力も入れて。その祭の骨格などを決めました。8月の会議の後、
各々色々準備した結果を併せました。
最年少のおいらは子供担当を仰せつかり、子供相手にはミニSLを使うという事になりました。
みなさん蒸機をご所望。という事で蒸機でやります。電動なら簡単なんだけどなぁ....
秋は忙しいなぁ~な週末でした。






  1. 2018/10/07(日) 23:38:06 -
  2. クルマ -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



普段通っている場所の下に




シャノンに集まった車たち
今日は日野自動車21世紀センター・シャノンにTS050が来る日でした。
通勤には絶対使えないルーチェで入場してもいい、
ということで子供と一緒に見に行こうと思ってましたが、
こんな時に限って休日出勤になり、
ルーチェと日本海
シャノンへロータリーでドライブと云う事は出来なくなりました。
という事で休み時間に見に行った車たちの様子の日記です。

トヨタTS050
トヨタTS050。
TS050になってから既に3シーズン位になりましたが、今年ようやくルマンで勝ちましたね。
それでもって、実は、自分もコックピットに座らせて頂きました。

TS050のコックピットに乗った、俺
グループCの頃のプロトカーに比べてかっこ悪いと思っていたマシン、
コックピットに座らせてもらった途端、カッコよく見えるのは、不思議だなぁ〜

わかりにくいですが787Bに乗り込んだ、俺
ちなみに、787Bのコックピットにも昔乗ったことあります。
グランツーリスモの787Bのエンジン音をサンプリングしたマシン、
かつてマツダのR&D横浜にあったマシンに2002年に乗っけてもらった時の様子です。
2002年12月、RX-8の極秘イベント、俗にいう内覧会があってその時に乗っけてもらったのですが、
今となっては何をとってあるのかイマイチわからない携帯の粗い解像度のカメラが惜しまれます。

TS050のサイドポンツーンにあるグループの会社の中に
TS050には日野も乗っていたのでした。初めて気が付いた!
TS050のサイドポンツーンに日野の名あり

日野自動車21世紀センター・シャノンの前で
日野のダカールレンジャーは2018年マシンが来てました。
ローダに乗り込むダカール車
積車にぎりっぎり。

ヨタ8、出発

ローダに乗るTS050
こっちは余裕で乗っていました。
ローダ内部
長年、ロータリー人生を愛読いただいている方々からすれば、
なんでトヨタ????
とお思いになるでしょうが、マツダとトヨタは互いに株を持ち合う、
資本提携した関係に既になっています。
また来年以降、マツダの魂、ロータリーエンジンを載せたトヨタ車が発売されることが、
既に報じられていたり、
「EV C.A. Spirit株式会社」という会社が名古屋にありますが、
その会社はトヨタとデンソーとマツダが立ち上げた会社でして、
その社名のEV は電気自動車を意味し、
C.A.はマツダの今の設計手法、コモンアーキテクチャを意味する略語、
つまり電気自動車コモンアーキテクチャ志、という事は、
電気自動車をコモンアーキテクチャという、
一括企画・開発、そして混流生産で作ろうという、
会社をマツダとトヨタがやっていて、そこには
いまは、ダイハツやスバル、そして日野も参加している、
今はそういう時代になったのです。
マツダは長年、年間生産台数が200万台以下、120万台とかの時代が長かったわけですが、
そういう生産台数の中でもそこそこの車種を提供できてきた、訳です。
EVの時代も初めは少量多品種になる公算が高く、
トヨタはマツダの手法に目を付けた、
マツダの手法が欲しかった、だから提携企業した自動車会社のなかで、
マツダだけにトヨタの株を握らせた訳、と日経などの媒体も報じていますが、
いやー、本当に時代は変わったのです。

EVCASのHPを見ると、

一括企画・開発の思想で、
幅広く次世代EV商品のスコープを持ち、
お客様に価値を提供する基盤技術(コモンアーキテクチャー)を
開発してまいります。

とトップページにある。
ということで時代は大きく変わったので、
一人のクルマ好きとして、今日の日記になったわけでございます。
来年もあるなら今度は子供といきたいぞぉ~!!
  1. 2018/09/29(土) 23:09:25 -
  2. クルマ -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



昼飯を食べに春の磯沼牧場へ




磯沼牧場に行って昼飯
今勤めている場所は、長い事堆肥でお世話になっている、
八王子の磯沼牧場さんのそば。車で5分くらいの場所です。
旦那さんのFBなんかを見ると、桜がいい感じになっていそうだったので、
昼飯を食べにふらっと出かけてみました。
通勤途中に見えるおしゃれなお家
1週間前は雪だったのに、
3月22日の雪
今はもう桜と芽吹きです。
職場近くから見える丹沢 芽吹きと積雪がいっぺんに
丹沢は雪景色、手前は芽吹き、というナイスな景色が一週間後には見られそうです。

峠山観世音の桜と椿と青空
これは、磯沼牧場へ至る狭い道の傍にある、峠道観世音。
秋にはちゃんとした祭もやる古そうな祠です。
良いなぁ、八王子の小比企。

磯沼ミルクファームにて桜を見ながら昼飯
牧場に着くと、旦那さんはトラクターで畑を耕している所でした。
「次の週末は花見だ!!!」「クルマそこ止めて楽しんでってよ!!!」だそうでした。
磯沼牧場の放牧地
お花見しながら昼飯、うまかった。
春は、良いなぁ~
磯沼牧場の放牧地 春
  1. 2018/03/26(月) 23:55:57 -
  2. クルマ -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



今年乗りはじめた、マツダ以外の自動車




個人的に、私は自動車というものが大好きです。
ロータリーエンジン、マツダという存在が好きすぎて、
永らく自分で購入する自動車はマツダのみ、という状況が続きましたが、
数年前にマツダとトヨタの提携をきっかけに、
先祖が300年以上前から暮らして来た日野市に数十年前から存在する商用車に関係の深い、
会社に転職して、今年は日野の工場のラインが移転するのを横目に見たりとか、
日々、最新の自動車に関わる事をしていたら、
「マツダ縛り」からすこし足を踏み出してみたくなった?
マツダ以外でも個性のある自動車に乗って見たくなった!?
という事で、
今年はマツダ以外のメーカーのクルマを2台ほど購入しました。
と言っても軽の中古ですからそんなに高い買い物じゃありません。

1台目はスズキのキャリイ 2サイクル3気筒エンジンを搭載した4WD。

10月半ば、いつかいちで紅葉している椛とキャリイ・ST31・2スト3気筒・4WD
なかなかいい車でした。
フォレスティングコテージをバックにキャリイ・ST31・2スト3気筒・4WD
かなりハッピーなサウンドを奏でながら、走ってくれる、
田んぼの中で約600kg分の籾袋を積んだキャリイ・ST31・2スト3気筒・4WD
そして荷役も得意。
稲の仕分けに役立つ、2スト3気筒4WDのST31


頼れる相棒でした。

本当はこいつを廃車にするまで乗ろうと思っていたんですが......


オート三輪を降ろすぞぉ~
ダイハツの必要がある!?!?
ダイハツに乗るんだったら、何か欲しい車はないかな???
おっ!??あったあった、そうだ、三輪車!!!
凍てつく坂、落葉の坂をミゼットで
という事で、ついに三輪車です。
子供、オート三輪に夢中
子供の頃、幼稚園の友達の親父さんに、
'64年位の自動車ガイドブックをもらって、
そこに書かれている、古い車たちを相当眺めました。
そして車輪が3つしかないマツダやダイハツの自動車を眺めては、
アリイの模型造りにいそしんでいた訳です。
雑木林とミゼット
そんなものを手に入れるとはつい最近まで考えもしませんでしたが、
ついに、です。
八王子IC近くの丘にて
55年前の自動車。
もうすべてが異次元。
ミゼットと冬の青空
エンジンの振動を含めメカニカルノイズは過大、
コーナリングは恐ろしいほどプアー。
しばらくして降りてきたミゼットのエンジン
もう少し使いやすくするために、手を入れることにさっそく相成りました......
夕焼けと紅葉とミゼット

ルーチェと三郷料金所
今から50年前に市販開始されたマツダのロータリーエンジンが、
オイルショックが来るまでは「夢のエンジン」と言われていた訳ですが、
夢のエンジン、と言われた理由がよくわかりました。

振動はアイドリング以外ではほとんど無い、
メカニカルノイズはヒューンという音が耳に付く程度、
踏めばバビューンと加速し、当時のロータリーエンジンを搭載したマツダは、
多くの車がメーター上では180km/hを突破する.......

他社に乗りよりマツダが好きになった一年でした。
  1. 2017/12/28(木) 23:27:37 -
  2. クルマ -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:2 -
  5. ↑TOPへ



トヨタ博物館に行く




マツダとトヨタが業務資本提携するに至り、トヨタの事をもっと知ってみよう!
ということで、長久手にあるトヨタ博物館に行ってみました。
気になった車たちの写真を羅列!!!!
クラシックカー 操舵可能
これは新館出口におかれていたスイフトという1905年、イギリスの車両。
乗車に操舵可能。すごいぞ!!!!!トヨタ。

国産の乗用車達
ダットサン(日産)に筑波号
共に1930年代前半の車両。
この頃の車は結構形が似ているなぁ。

これは日本のクボタ1928年頃のエンジンですが。日本の戦前の工業製品はこんな感じだったんだなぁ。
よくアメリカに喧嘩を売ったもんだ......

オースチンセブン
たぶん元のネタはオースチン??

オースチン10
ミニSLを嗜んでいる方々の中でオースチンに乗ってらっしゃる方が居て、
つぶさに見せていただいた事がありますが、貴重で重厚で宝のようです。
貴重な車が沢山あるなぁ、トヨタ博物館。

プジョーべべ
プジョーのべべ。

ド ディオン ブートン 1 3/4HP
うわーこういうの大好き。フランスだって。
でも不便であっという間に廃れたらしい。
ド ディオン ブートン 1 3/4HP 約250mLのエンジン

ベンツパテントのエンジン
レプリカだそうですが1886年のベンツのエンジン。

BSモーター
モペット、ブリジストンがかつて二輪車をやっていて、ホンダのカブが売れる前まで、
天下を取っていたらしいエンジン。

フジキャビン
フジキャビン。
戦前、飛行距離記録を作った航研機や神風号を製造した瓦斯電、その分派は日野自動車の源流にもなる訳ですが、
そのガスデンを源流とする富士自動車という今は無いメーカーは、
富士自動車という社名が変更された後は、小松ゼノアと名乗っていた会社です。
小松ゼノアは現在のハスクバーナ・ゼノアってことは、
エンジンサイドカバーを磨く
こいつのご先祖様です。
日立航空機立川工場変電所と小松ゼノアのエンジンを積んだフキプランニングのモペット FK310 LA3
立川工場で作られていたらしいですよ。フジキャビン。
ちなみに日産の主力工場の一つ、横浜の追浜工場は、戦後、
富士自動車が朝鮮戦争で壊れた米軍車両を直す事業を展開していた場所だそうです。

マツダ 三輪トラック
いよいよマツダです、
キャロル
三輪にキャロル。
ファミリア サニー カローラ
かつてはカローラとサニーに並ぶ国民的大衆車だったファミリア。
コスモスポーツ
コスモスポーツ
BD型ファミリア
売れに売れまくった、ファミリア。
凄い博物館だと感じました。
トヨタのすごさが少しわかった気がしました。
そして、昔から他所はやらないような技術開発をするマツダの事がより好きになった気がしたのでした。
  1. 2017/08/16(水) 23:53:09 -
  2. クルマ -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



2tにて




積車4tセルフローダー
4tの積車に乗ったとき以来、久しぶりに
積車にのったルーチェ
1t以上積めるトラックに乗って、前は横浜にに行ったけれど、
2tトラック
今日は、長野に行ってきました。

野辺山のC56
野辺山、紅葉がきれい。
2010年10月26日、川上村市場坂の紅葉
空気が澄んでいる感じで、本当いい感じ。
2010年10月26日の野辺山駅前の紅葉

夜は行ったときのような霧ではなく、
2010年10月26日の野辺山駅前の道路と紅葉

10月26日午後6時、気温が1度になっていました。
2010年10月26日、野辺山午後6時前の気温
もう冬だー!
  1. 2010/10/26(火) 23:26:59 -
  2. クルマ -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



モータスポーツの秋




先日、岡山国際サーキットで開催された、
アジアン ルマン。
アジアン ル・マン、ACO JAPAN 代表が元マツダワークスドライバである、
ACO理事の寺田陽次郎氏という事もあってか、
ペースカー提供がマツダであったらしいというイベントだったそうです。

気温が下がり、おいしいものが増えてきましたが、
エンジンやマシンにもやさしい季節になってきました。

そんなこんなな今日この頃、
自分は、5年ぶりにカートに乗ってみました。
RA飯能 ナイター
自動車販売業を営む先輩のお店のイベントで、RA飯能を借り切っての、
走行会イベントに数あわせで。

5年ぶりのカート。
おりゃーテールスライド
(画像は5年前)
わけあってそういう種類のクルマに乗らなくなったけど、
自分はサーキットでモータスポーツを体験するなら、
市販車に相当な金をかけていじってサーキットで走るより、
はるかに簡単に、はるかに安い金額で、はるかに高レベルな
ドライビングができ走る喜びを感じれる乗り物がカートだと思ってます。
ZEROカウンター
市販改造車では、なかなか即座には調整できない、できても金額を相当かけて、
パーツをつけておいて、とかでもカートに比べると狭い調整幅である、車高やシャシ剛性、
フロントトー、キャンバ、キャスタ角、トレッドとか、
本当に多種多様な調整ができて、さらに、
自分の体を使って、ブレーキの効き具合を
変えたり、コーナリングのきっかけを作ったり、と、
本当にいろいろ試せるのが、カート。
そして重量が絶対的に軽いから動きがクイックなのです。

一度、乗ってみれば、市販車って本当に快適だし、そうとうだるく出来ている、
と感じるクルマがカートです。

そして、カートを体験すると、公道上で危ない思いをして、
早くなるよりも簡単に運転がうまくなる、と思います。

で、久しぶりに乗ってみました。
RA飯能のレンタルカート
元が飛行機会社で今は水平対向エンジンが売りのメーカ製の4stエンジンを
載せているマシン。
KTとかと比べると、5馬力くらい低い9馬力位らしい、このエンジン。
RA飯能の午後6時半、同じ組で走った人の最速タイムが34.5秒。
自分はそれより3秒落ち。
あれー、へたっぴだなぁ~な訳です。
途中から雨が降ってきたけれど、その最速の人よりも
3~4秒も遅いわけです。
ナイトピットC
でも、初めて走ったコースだったけれど、もしも次に走るのならば、
1秒落ち位にはなりたいな!?
という感触を得ました。

もう一度体を鍛えて、体をはって、リアのトラクションを稼いで、
ブレーキングをして、制動距離を縮めつつ、
少し冷静になって、突っ込み過ぎないようにして、
次のコーナを考えた運転をして、
縁石を使うコーナは積極的に使って、ってすれば、
ドライなら3秒くらいは簡単に縮められるはず。
ナイトピット
カートもモータスポーツのひとつである訳ですが、
やっぱり、走る喜びが溢れる乗り物でした。
先輩、また呼んでくださいねぇ~

  1. 2009/11/04(水) 00:12:56 -
  2. クルマ -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



OSLに




桶川スポーツランドとソニーのV1J
昨日は、OSL、桶川スポーツランドという、サーキットへ行きました。
もちろん、自分が走るわけではなく、友達の、走行を撮るために。
暑かったけど、楽しかった~
V1Jとバイク
昨日は、バイクとカートの走行日でした。
久しぶりに見た、カート。
暑い中、よく走るなぁ~
そのうち、血の気がおさまる年になったら、もう一度くらいは、
乗ってみてもいいかも!と思う気分でした。
カートでスライド2


  1. 2008/07/14(月) 05:36:52 -
  2. クルマ -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ


NEXT

がく

10 | 2018/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Manufacturer Link

Search