FC2ブログ


がくのロータリー人生

二代目マツダルーチェと三代目プレマシーやC56に乗るがく




家族でお花見




マツダの軽で公園へ
朝、オート三輪で訪ねた長沼公園。
マツダの軽に乗って家族で行ってみました。
長沼公園 殿ヶ谷の春

桜の咲く谷を歩く親子
ほーほけきょ。
鶯が無く谷というか谷戸。
良いなぁ、家との桜

長沼公園 殿ヶ谷の桜咲いた春
春だなぁ。
坂道親子

坂道を楽しむ子供
良い感じでしたが、近所の公園に移動して、
長沼公園 殿ヶ谷の桜

大木島公園の桜
家族で花見。
家族でお花見

酵母が生きてるらしい、八海山ビール
最近、ハマっている八海山ビール。
生きてる酵母が美味さ倍増している雰囲気です。
花見の土曜、楽しかった。
スポンサーサイト
  1. 2018/03/31(土) 17:09:38 -
  2. マツダ -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



Welcome SCRUM TRUCK




新しいスクラム
我が家に新しい軽トラがやって来た。
今度の4WD。新しい、スクラム

スクラムの新しいやつ
本当はまだ前のにも乗れたんだけど、急遽。
ちなみに前の個体は四捨五入すると20万で引き取られていきました。
おぉ~
ちなみに今なら中古車屋さんのHPに出ています。
木々の間から見える富士山
富士山を木々の間に見つつ。

タイタンと現行スクラム
我が家の現役トラック2台。

スクラム、これからよろしく!!
  1. 2018/01/06(土) 17:00:19 -
  2. マツダ -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



Memories of SCRUM TRUCK[さよならスクラムトラック]




ぴかぴかなスクラム
2008年、我が家にやって来た、マツダスクラム。
約10年、約9万キロ走行というところまでいてましたが、
いよいよロータリー一家からは退役の時がやってきました。
この日記に登場したスクラムの思い出写真です。

田園とスクラム
懐かしい光景。日野の川辺堀之内。
今はもう宅地になり、開通目指して工事している
20号バイパスの工事している一体での写真。

マツダスクラムと里山
ここも区画整理され今は山すそに住宅が建っています。
おセンチ日記だこりゃ!

積載スクラム
まー本当によく働いてくれました。
ボンゴとスクラム\'09

スクラムに積み込んだ、ライブスチーム・ミニSL達
趣味や遊びにも。
スクラムと横田基地

菜の花の丘とスクラム
白馬ミニトレインパークへ初めて行った時もスクラムがお供でした。
唐松林とスクラム

木崎湖とスクラム
長いホイールベースと、
充分なトルクを持つエンジンのおかげで、本当に楽に移動できました。
白馬のジャンプ台とスクラム

マツダスクラムにいっぱいの荷物を積んで 過積載じゃないよ!!
ボンゴ・タイタンじゃ大きすぎるような場所へも、
すいすいすいと入っていって、しっかり荷物を積んでくれる、
軽トラって最高ですね。
磯沼牧場でもらった木の樽 マツダスクラムに載せてロータリーベースへ

マツダスクラムに載ったC56と白馬ミニトレインパーク
カミさんと白馬に行ったのも子供がいない時はスクラムで行ったこともありました。

マツダボンゴとタイタンとスクラム
10年もいましたので、我が家のトラック部隊にも入れ替わりがありました。
当初はボンゴ9尺荷台だったのが、今ではタイタンの10尺荷台へとスイッチ。
マツダタイタンとスクラムときれいな夕焼け
今回の入れ替え目的は、車両の更新と、4WD車導入が主目的です。
2サイクル3気筒4WD車でやっぱ4WDいいね、という事になり、一気に話が進みました。
マツダタイタンダッシュとスクラムそして夕焼け空

マツダスクラムに満載の梨の原木
原木輸送。
幼馴染の新居への原木輸送は次のスクラムがやってくれるかな??
幌馬車チックな軽トラ マツダスクラム 雪に中を走る
雪の新潟へも何度も行きました。
幌馬車みたいになったマツダスクラム
現地仕様の幌馬車荷台の中に、荷物を入れて。
早朝ドライブ 大澤山とスクラムトラック

今まで本当にありがとう!!
次の所でも、頑張れよぉ~!!!!!
  1. 2018/01/05(金) 03:46:15 -
  2. マツダ -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:2 -
  5. ↑TOPへ



我が家のマツダと'17




プレマシー、スクラム、ファミリアバン
今年もマツダの自動車にお世話になりました。
プレマシーにモペットも載せて
家族との移動、汽車を積んだり、モペットを積んだりして、いろいろ移動。
プレマシーと白馬ジャンプ台

プレマシーと白沢洞門
白馬の白沢洞門。

日本海岸とプレマシー
荒れる日本海。

雪道を行くプレマシー
雪道に秩父鉄道。
今日の脚、プレマシー
今年もいろいろ走ってくれてありがとう!

マツダスクラムバンと春の里山
スクラム、家ではトラックとバンに乗っていますが、
日常の足として活躍してくれました。ありがとう!!!
マツダのタイタン落葉をたくさん積んで朝日を浴びて
そしてタイタン。
農業やミニSLのお供として、
大いに活躍してくれました。
来年もよろしく!!!!
  1. 2017/12/29(金) 22:54:15 -
  2. マツダ -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:1 -
  5. ↑TOPへ



東京モーターショー2017のマツダのコンセプトカー




DSC09538va.jpg
ありがたいお話を頂き、東京モーターショー2017に行ってきた。
関係者の方、どうもありがとうございました。

この日記はロータリー人生などと言っているくらいですので、
今日見た、地元、日野にある商用車の事やそのほかのメーカーさんの事はこのブログには、
書きません。
マツダのコンセプトカーの事のみ、今日は書くことにします。
マツダ 魁 ターンテーブル上
2年後にアクセラという名になると思われる、カイ。
マツダ 魁 サイド

マツダ 魁のヘッドライト
前輪駆動及び四駆のSKYACTIV-X搭載車になります。
マツダ 魁

SKYACTIV-X(スカイアクティブ-X)エンジン
従来考えられた圧縮点火エンジンとは若干違うんですが、
点火プラグでの点火を制御因子として最大限活用し、
SPCCI(Spark Controlled Compression Ignition)、火花点火制御圧縮着火方式というのを、
マツダが実現しました。それが、SKYACTIV-X。

圧縮着火のガソリンエンジンも難易度が高すぎて、夢のエンジン、と呼ばれて、
今回のモータショーではマツダブースの隣に鎮座しているドイツのメーカーさんなんかも、
熱心にやってらっしゃるんですが、燃焼をコントロールできず、
まだ実用化の段階までは来ていない。
SKYACTIV-Xはそんな絵空事みたいなことを実現したエンジンです。

ロータリーエンジンは45年位前まで、夢のエンジン、と呼ばれていました。
マツダが夢のエンジンを市販して50年目に、
再び夢のエンジンを実現したわけで目からウロコ。
いろいろ心配な点もあるんですが、さてさて、19年には投入されるそうで、
スカイアクティブ-X,どんなものなんでしょう??
早く乗ってみたいものです。
マツダデザインの展示

マツダ VISION COUPE を
そしてこちらは、マツダ VISION COUPE。
マツダ VISION COUPEのリアのヌメヌメ
前回のモーターショーでは、RX-VISIONでしたが、今回は、
マツダ VISION。
マツダ VISION COUPE サイドビュー
今回4ドアですが、名前の通りクーペとしてみても素晴らしい。
マツダ VISION COUPE リア

マツダR360クーペ
かつてのルーチェとR360がマツダのエレガンスの礎なんだそうですが、
それを現代流に解釈し、血統を表し昇華させているんだそうな。
マツダルーチェロータリークーペ
[データはマツダ株式会社が公開しているデータを引用]
この2台はR360は四捨五入すると60年前のクルマで、
ルーチェの方も50年前に東京モーターショーにRX-87として展示されたクルマ。
いま、マツダのデザインは国産車の中で一種独特な独自の世界を構築していますが、
その2台が礎というのも納得な流麗さ。

マツダ VISION COUPE サイド
うっとり。
マツダ VISION COUPE

マツダ VISION COUPEのヘッドライト
後輪駆動でエンジンはSKYACTIV-XかSKYACTIV-RE????
ビジョン クーペ フロント

ビジョン クーペ サイドビュー
数年内にこのエッセンスを投入した製品が、市販される時が来ます。
姿カタチやドライブトレーンに居住空間、そして実際乗ってみた時の味、本当に楽しみです。
ビジョン クーペ
  1. 2017/10/25(水) 17:50:06 -
  2. マツダ -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



我が家のマツダと'16




RX-8とプレマシー
今年で我が家のRX-8も車齢13.
でも元気に走り回ってくれてます。
13年も前の車とは思えない、というのが実感です。

マツダタイタン、伊達原秘密飛行基地跡にて
タイタン。
マツダタイタン蕎麦畑の中を
農作業に、ミニSL活動に。
本当に助かってます。
タイタン、高速でバースト
高速でバーストした時は本当に怖かった。
これが二階に運び込む荷物
今年は引越にも使いました。

スクラムと青空
スクラムトラック。
これまた農作業とミニSL活動に大活躍。
10年8万キロ近く走ってます、まだまだ頑張ってもらわないと~

スクラムバン
真夜中の津南駅 マツダスクラム
今年はバンもやってきました。
カミさん用。
田んぼとスクラムバン
でも自分が使うときはファミリアバンの代わりにもなるように、
ワゴンRみたいな車ではなく、スクラムです。
マツダスクラムと紅葉
汽車を載せて飯山線沿線にも行きました。
滝の湯さん
これでミッションが3ATではなく、現行車に設定されてる、
5AGS、5速マニュアルミッションがベースのオートマチックなら、
本当にベストだろうなぁ。

今年もマツダには本当にお世話になりました。
来年も楽しく走れますように。
  1. 2016/12/29(木) 03:27:27 -
  2. マツダ -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



我が家のマツダと'14-ルーチェ・ファミリア以外のRX-8、アクセラ、スクラム、タイタンと番外にてCX-5、キャロル-




今年もマツダに楽しい時間を演出していただきました。その思い出日記。
マツダRX-8 十日町の山奥にて
RX-8で雪の十日町。
私をマツダオタクに仕上げる一助をしてくれた祖父の葬儀なので、
行ってる理由はまったくもってうれしくないんですが、
RX-8で雪道っていうのは最高です。
マツダ RX-8 雪の中にて '15

マツダRX-8で雪の中を超楽しくドライブ
全身全霊でドライビングを楽しみました。
マツダRX-8で雪の中を楽しくドライブ。

RX-8と佐久のC56 101
もと居た会社の、
RX-8草笛本店前
出張でも使いました。
RX-8と御代田のD51787
いい思い出。
マツダRX-8とC56 144

アクセラ 丘に登る
アクセラ日々お世話になってます。
アクセラ 関越道赤城PAにて
ホントにくたびれにくいクルマです。
アクセラ 赤城PAにて
来年もいろんな場所に行けるといいな。
高ボッチに アクセラ

中里グラウンドとタイタン
タイタンダッシュ。
タイタンと旋盤 新緑のなかで
今年も趣味に農業に、大活躍でした。
タイタンとグリーンピア津南
これもホントにくたびれにくいクルマで最高なのです。
タイタンの荷台に載ったC57 C58 D51 C55
こんな事もありました。
マツダ タイタンと梅林

早朝ドライブ 大澤山とスクラムトラック
スクラム。今年はこれで2度、十日町へ行きました。
幌馬車みたいになったマツダスクラムに載った分解された機関車焼芋機と除雪機
雪国仕様にして、汽車焼芋機を。
幌馬車チックな軽トラ マツダスクラム 雪に中を走る
来年は家族で雪まつり??
幌馬車みたいになったマツダスクラム

新世代マツダ CX-5とアクセラ
今年も義親様がCX-5で日野にやってきていただきました。
来年は新築絡みでお待ちしております。

マツダキャロルと親子
大分で義親様のキャロルに乗りました。
釣に行ったり、早朝の豊後高田、旧海軍飛行場跡に行ったり。

今年一年もマツダと一緒に楽しいことがたくさんありました。
来年もよろしくお願いいたします。
  1. 2015/12/27(日) 05:02:03 -
  2. マツダ -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



九州へ




787BとB787
九州へ行ってきました。
早朝5時過ぎの羽田空港。
既にクリスマスです。
クリスマスだ機体が虹の中に移っています
ソラシドエアとANAの共同運航便。
雲に小さな虹が出て機体が映っています。
行きは737
綺麗な雲でした。
うはーなくも

マツダキャロルと堤防
大分空港には義母さんがキャロルでお迎えにきてくれました。
途中案山子の村??等をみてスオーナダフェリーの発着する港町へ行きました。
これは、CX-5の少し後に買って頂いたキャロルです。
ありがとうございます。

マツダキャロルと親子
キャロル。
海のすぐ近くにおばあさんの家があり、ご厄介になりました。
海を見る親子
B'zの古い歌、'92年の唄でTIMEというのがあります。
丘に登ろう
港が見渡せる丘に
そんな感じの小さな漁港でした。
おばあさんの家から車の通れない道を通れば海まで1分未満。
潮風がやさしい町でした。

さて海とくりゃ、釣するしかありません。
もうすでにお爺さんは無くて竿は無かったので、隣の集落で買った、
ツレルンジャーについてきた釣り具
2000円で、竿と釣り具がついている釣具にて、いざ。
1投目、様子見。
2投目で小さなフグが釣れて、
3投目魚影15cm程度のアジにばらされるのを見て、
4投目、リールのねじが吹っ飛び海に落ちてしまい、終戦。
なんだよ!?
ツレルンジャー
ツレルンジャー。
釣れるんじゃーレッドの絵
くそったれめ。
応急修理したリール
最終的に、叔母さんの家にあった木ねじで応急処置をして......
というのが土曜日。

高田の昭和石油
今朝は4時過ぎに行動開始で、
隣町の昭和の街、豊後高田で昭和石油を見たり、
昭和石油の計量器

宇佐の掩体壕
祖父が技術少尉として召集された宇佐海軍飛行基地跡に行ってみたりしました。
もちろん子供とカミさんは一緒じゃないです。
上が掩体壕で下が機銃掃射痕。
祖父が機銃掃射されたことがある、とか、山の下に潜って頭上で爆弾の音がした。
とかいっていたことを思い出しつつ、見学です。
宇佐の機銃掃射痕

朝四時台にすでに営業していた豊後高田の釣具屋さん
驚いたのは豊後高田の釣具屋さんの早いこと早い事。
5時には間違いなく営業してました。

フグ見てびっくり
さてフグです。
始めてみたフグにびっくり。
フグにびっくり
今朝は散歩がてら応急処置した竿で家族の居る前で投げてみました。
3投目で再びフグ。
釣りたてのフグを見て
もちろんキャッチアンドリリースです。

リッター29km
さてキャロル=アルト。
昨日から今日にかけて満タンにした後で
200km位走ったでしょうか?
リッター29って出てました。
エネチャージにオッタマゲ。ただしCVT特有の癖が強い感じで.....
うんてんするかみさん

帰りの飛行機はA320
帰りはA320でした。
豊後森機関庫やそのほかいろいろ行きたいとこには行けなかったけど、
楽しかった。
おばあさんがひ孫を見て喜ぶ顔が良かったです。
一泊で行くにはちょっと遠いので、3連休とかという休みを取って、
また近いうちに行きたいなぁ、な九州でした。
  1. 2015/11/08(日) 17:11:13 -
  2. マツダ -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



Memories of SAVANNA RX-7[さよならFC3S マツダ サバンナRX-7 十日町・長岡へ]




mazda_savannaRX-7_FC3S" />
私事ですが、わたくし、中学生になったその日から、免許を取る日まで、
ホントに毎日、親に「免許を取るお金とロータリーエンジン車を買うお金を貸してください」
と呪文のように唱え続けました。
サバンナRX-7 FC3S と紅葉
顔を合わせる日は、本当に毎日。
そのおかげあってか、RX-7に乗ることが出来たのでした。
サバンナRX-7 FC3S 乗鞍にて
しかし楽しい日はそう毎日続くわけはありません。
大体、免許取り立てで、RX-7、もったいないにもほどがある。
案の定、不動になるのでした。

当時の自分にとって、FCという高性能車は、
はっきり言って自分の腕には合わないクルマでした。
今でも自分の能力よりはるかに上のポテンシャルがあると思っています。
自分は出力が高い車にたまに乗るのは好きですが、
日常の脚は64馬力のファミリアや約110馬力のアクセラなど。
そんなに力がなくても操安性がよければ、
それは、ただただハンドルを切ったらその通りに曲がる、
どこまでもそんな感じで、最終的にはどアンダーになるような車ではなく、
ブレーキや荷重移動、欲を言えば後、アクセルの入れ具合で、
すいすい曲がる車であればそんなに不満がないのです。
ようはマツダに乗っていれば大体いつもニコニコという具合です。

そして、そういう力のない車に乗っていてもカミさんに言わせれば、
そんなに飛ばして平気??なんて言われる位ですから、
FC/FDだとどうなることやら、です。

そんなことが、のんびり走っても様になるロータリー車、ルーチェを選んだ、
理由かもしれません。
サバンナRX-7は、

「いつか乗る」

そう考えて、全額、数年かけて返済し、保管しました。

いつか乗るはずでしたが、自分の趣味はご覧の通り、四方八方に広がりつづけ、
夜のロータリーエンジン@ヒノモトREベース
ロータリー以外に、

元旦早々、雪見汽車
汽車だ
汽車焼芋 十日町駅前にて、焼芋
SLだ
ひとっ走り終えた、フォルテ

HVR-Z5Jで見せる化、工程管理用の映像を撮る
カメラだ、とか比較的お金のかかるものに手を出す始末。
大体、これもタラレバ話ですが、汽車になんか手を出さず、
業務用ハイビジョン、レンズ交換式ビデオなんて世界は見向きもせず、
民生用のビデオや普及版の一眼レフ程度に抑えておけば、
車以外の趣味につぎ込んでしまった金額を考えれば、
ルーチェとコスモスポーツ
とっくのとおに、コスモスポーツ位乗ってるはずです。
ルーチェに乗り続けていたとしても、です。
比較的多趣味なので、いいなぁと思える物がすべて手に届いたわけではないんですが、
そんななかRX-7の復活に関する順位は上昇することなく、
いつまでたってもRX-7復活にはいたらず、家庭を持ち家を建てるという段階に差し掛かり、
家庭平和の為にサバンナRX-7を手放す、という事になってしまいました。
たぶん、ルーチェに乗る親父、
マツダルーチェカスタムGR2・ロータリーとグリーンベルトの桜と嫁と俺

竹林で薪を割る俺
薪を割る親父、

準備する俺
汽車をいじる親父
C56 129でニューグリーンピア津南を走る俺
汽車に跨る親父
鉄橋を超えて


さー脱穀するかぁ~??
農作業する親父、
タイタンへの荷役

どれと比べてもRX-7で走る親父の方がかっこいいかと自分の感性は、
思う訳ですが、
日記に書いた通り、ヤフオクに出品しました。

直接交渉してくださった方がいらっしゃり、そのの中で長岡の方に決めさせていただき、
今日、長岡にもっていきました。
昨日、
積車に乗る、俺
積車を借りてきて、
さらば、サバンナRX-7 FC3S 西日を浴びてたたずむの図
近所の駐車場で積み込み作業をしました。
さらば、サバンナRX-7 FC3S  たたずまい

さらば、サバンナRX-7 FC3S 西日を浴びての図
久しぶりに見るサバンナRX-7。
さらば、サバンナRX-7 FC3S ある駐車場にて
ちょっとかっこよすぎる。
さらば、サバンナRX-7 FC3S 西日の図
名車のオーラ、出てるね。
さらば、サバンナRX-7 FC3S の図
うん、素晴らしい。
さらば、サバンナRX-7 FC3S 佇まいの図
そんなことを考えながら、でした。
自作兄さん、手伝って頂きありがとうございました。

あけの赤城山
一夜明けて関越を北上です。

サバンナRX-7 FC3S 富沢家本陣にて
三国峠を越して、

マツダルーチェと魚沼スカイラインの朝焼け
歴代愛車で何度も行った、
HCルーチェと魚沼スカイラインの朝焼け
魚沼スカイライン
RX-8と魚沼スカイライン

霧の魚沼スカイライン
十日町展望台
ファミリアバン 魚沼スカイラインにて
という景色のいい場所へ。

ファミリアの軌跡
こんな事もした駐車場に行きました。
マツダアクセラとファミリア

鍬柄沢?ワンステップ付近より
魚沼スカイライン、
魚沼スカイラインは雲の中
雲、霧の中でした。
積車で魚沼スカイライン

サバンナRX-7 FC3S と十日町展望台
もうこれが最後ですから、
サバンナRX-7 FC3S 十日町展望台

マツダサバンナRX-7 FC3S と十日町展望台
撮って、
サバンナRX-7 FC3S 最後に十日町展望台

サバンナRX-7 FC3S 最後に十日町展望台に行く
撮って、
DSC04152va.jpg

サバンナRX-7 FC3S 十日町展望台にて
撮りまくり。
サバンナRX-7 FC3Sと積車

マツダサバンナRX-7 FC3S 十日町展望台にて
マツダのサバンナRX-7。かっこいいなぁ。
サバンナRX-7 FC3S 十日町展望台にて

サバンナRX-7 FC3S 魚沼スカイライン十日町展望台にて
ルーチェ、特にV6のHCルーチェを残すなら、FCの方がいいんじゃない???
サバンナRX-7 FC3S サイドビュー十日町展望台にて
といろんな方に言われました。
確かにそうかも.....
なんて少し後ろ髪ひかれつつ、
あたらしいオーナーさん、クルマに強そうで頼もしい限り。
よろしくお願いしました。
ルーチェと魚沼スカイライン
いつか治ったら、家族でルーチェに乗って見に行かせてください。

自分が初めて運転した、ロータリー搭載車。
父親もREの事が気になりだして直6を載せたR33スカイラインクーペGTSから、
RX-8に乗り換える原動力になったであろう、
RX-8,RX-7,RX-4_SE3P,FD3S,LA22S
マツダ サバンナRX-7。もう一度乗る、というのはあきらめちゃったので叶わなかったけど、
がんばれよぉ~
サバンナRX-7 FC3S 祖父の家にて
  1. 2015/09/05(土) 23:55:04 -
  2. マツダ -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:2 -
  5. ↑TOPへ



Mazda Heritage ~広島に育まれた、今に続くマツダの挑戦の歴史~





この映像は2013年7月に社内向けに制作したものです。
これまで、ご来社されたお客­様や社外講演等で上映しておりましたが、
ご覧になった方から公開して欲しいというあり­がたい要望を頂いておりました。
この度、ほぼそのままの映像と音楽で公開します。
この映像を通して、マツダのヘリテージを知って頂けましたら幸いです。

マツダが生まれた広島の風土、創業者 松田重次郎の誓い、
戦後復興時の生産、飽くなき挑戦などの史実や、
今日に続くマツダの­志をご覧いただけます。
私たちマツダはヘリテージを理解し、
将来へも一貫した考え方を­もって挑戦を続けています。

以上 タイトル・原文をそのまま引用

こりゃマツダオールスターゲーム2015で特別に枠つかって、そのまま流した方が.....

REのくだりも最高だぁ~

ちなみにルーチェは、
5:12 '70年代前半のルーチェかコスモかカペラ
5:23 初代ルーチェのスケッチが右端に。

で出てきます。

5:20 ラージサイズセダンのハーフボディ解析はマツダ解析やってる方に言わせると、
3代目位のカペラじゃなかろうか??だそうで。
だったのですが、内部の方が年寄りさんに確認したところ、
HCの可能性が高い、だそうで。

良い映像でした。
  1. 2015/06/11(木) 07:45:16 -
  2. マツダ -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ


NEXT

がく

08 | 2018/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Manufacturer Link

Search