がくのロータリー人生

二代目マツダルーチェと三代目プレマシーやC56に乗るがく




秋川へ




ルーチェと田んぼ
昨日、父親が家から遠い場所にある田んぼのあらしろをした、
というので見に行ってみました。

白馬エポックのコテージ 外観
毎年、この週末は白馬に行っていましたが、
今年は訳あって、行きませんでした。
トラバーサ、白馬にて


C56 米原にて
生きるC56を見て、朝から、
C56 129 と竹と桜
C56と云うわけにもいかず、
大好きなルーチェとロータリーで風を感じた訳です。

秋川にて今年の秋川の水は相当綺麗。
楽しみです。
秋川の清流 鮎がうようよいそう
もう鮎がウヨウヨ居そう。
川の下り口にはネットが

新築の家、アメリカかぶれですなぁ
さてさて、家の写真をぜひブログにと言っていた幼馴染。
田んぼからスグなので、こっそりお邪魔。
アメリカンだねぇ。
羨ましいぞ!!!
こりゃまたアメリカンな倉庫が出来たのぅ
スポンサーサイト
  1. 2018/05/28(月) 06:16:28 -
  2. マツダ ルーチェ -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



捨てる神あらば、拾う瓦落苦多野郎あり




ルーチェと青空
ルーチェを車庫にしまうために近所をドライブしていたら、
中央高速高架近くの移転する飲み屋さん
中央高速の高架の傍で20年位営業していた居酒屋さんが移転するらしく、
食器ご自由御にどうぞしてました。

グラスご自由に、うれしなぁ、もらっちゃおう
移転先の店舗ももともと長い事営業していたお店でしたが、
甲州街道と川崎街道の交差点近くの廃業した居酒屋さん。ここに中央道近くから移るらしい
こちらでも食器ご自由にどうぞしてました。
カミさんは食器いらないってってたけど、
グラス、良いよなぁ~サッポロが、良いなぁ~
というのが昨日。

レンジャーとミゼット
今日はBBQするので、朝一で立川のハナマサに肉を買いに行きましたが、
グラスが、グラスがまだ残っているか??を確かめるために寄り道です。

吟雪の看板
気付いたんですが、約十年前に廃業した、
武蔵村山の酒蔵、吟雪の看板。
吟雪看板と青空
背虫男のイラストが、昭和を感じさせますな。
吟雪の背虫男
という事で、結局グラスはもらってきてしまいました。
サッポロビールの中ジョッキと大ジョッキとコップ
中が6、大が1、コップが4。
もっとあった方が良いかな??
注 しまう場所は住んでいる家ではなく、ガレージです。
店名変更される居酒屋とミゼット
GWは楽しいなぁ
  1. 2018/04/30(月) 07:58:07 -
  2. マツダ ルーチェ -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



そしてガレージのロフト、艤装を除いてほぼ出来上がる




ゴミ屋敷の様な車庫の中
ゴミ屋敷のようになってしまった車庫。
ヒノモトロータリーベース・日野十日町機関区のおとといの姿。
木材を切って
木を切って
増築ロフト部の梁
ロフトを増設して

数年後のガレージ予想図
想定した状態になるべく、

少し形になってきました
深夜2時から早朝5時まで作業して、という具合に突貫工事。
棚も作り直し

日野の特大ゴミ袋でこんなにゴミ出ました
日野市の特大ゴミ袋45ℓで10袋、800円分のごみが出ました。
子供が車庫にやってきてノギスを持って遊ぶ
子供が遊びに来ました。
ノギスを持って遊んでいます。
だいぶ出来上がって来たロフト増設 まだ戸板の修正などは無し
だいぶ形になってきました。
あとは細かい部分を隠す艤装をすれば、ほぼ完成。
だいぶ出来上がって来たロフト増設
GWは楽しいなぁ
  1. 2018/04/29(日) 23:50:58 -
  2. マツダ ルーチェ -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



'18 GW 朝からルーチェ・そしてガレージのロフト増設を始める




ルーチェと18GWの朝焼け
いよいよ'18のGWが始まりました。
嬉しいなぁ~!!
ルーチェと新緑 18GW
朝からルーチェでひとっ走り。
やっぱりロータリーは最高だ!!
トヨタが'19年頃からロータリーエクステンダを使う、
と報道されて早3ヶ月。
実際どうなってるんでしょうね?
マツダの開発は間に合うのか???????

午前5時頃 我がガレージの中
GW前半は、4年前から計画していた自分のガレージのロフトを最終形態に、
することをはじめました。
数年後のガレージ予想図
資金難で若干しょぼくなると思うんですが、
今日明日で形になると、良いなぁ~
  1. 2018/04/28(土) 06:15:03 -
  2. マツダ ルーチェ -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



ルーチェ手元に来て7回目の車検




雪の旭川の中古車屋さんにたたずむルーチェ
これは今から14年前の3月、雪が降る北海道の旭川。
永い間、稚内のマツダでメンテナンスされていたルーチェを、
買いに行った日の画像です。

あれから14年。

手元に来て7回目の車検、継続検査に無事に通りました。
マツダルーチェと松平郷の室町塀
マツダさんが2020年に計画しているらしいイベントに出るときは、
もう一回、車検しなきゃいけないかもしれないですが、
この分だと無事に広島へも行けそうです。
これから2年間、どんな楽しい事が待っているか??

楽しみです。
  1. 2018/03/03(土) 23:31:25 -
  2. マツダ ルーチェ -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



久しぶりにルーチェ




町田の山奥にて
この2ヶ月、自動車に触るというともっぱらオート三輪でしたが、
久しぶりにルーチェに乗りました。
やっぱり最高、ロータリー。
  1. 2018/02/17(土) 17:01:43 -
  2. マツダ ルーチェ -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



冬!!!空の下、ルーチェで走る




ルーチェ・ロータリー初め '18
ルーチェ、今年で44歳。
1月4日、青梅ICの近くにある八王子の軽自動車検査協会に行ってきました。

横田基地の横
横田基地の横です。
空が本当にきれい。
まだ仕事始めなところは少ないのか??
道も空いていて気分爽快。
滑走路の横を走る
今年45歳のロータリーを載せたルーチェは元気其の物ですが、
ミゼットと黒目川
昨年迎えた55歳のミゼットは現代のクルマ、あるいはルーチェと比較してもいろいろ貧弱。
ミゼットミッションOH
ベテランミゼットオーナーの寸評によると普通らしいエンジン・メカニカルノイズは、
自分に言わせるとぶっ壊れるんじゃないの?!位の勢いで悶々とするので、
ドライブトレーンをまずは重点的にテコ入れな今日この頃。
春までは子供が寝る時間は車と過ごす休日が充実しそうな新春です。いろいろがんばるぞぉ~
  1. 2018/01/04(木) 04:36:10 -
  2. マツダ ルーチェ -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



'18新春ロータリー初め[マツダのロータリーを載せたルーチェで走初め]




ルーチェ・ロータリー初め '18
通常、書初というものは1月2日に行う習わしがあると思います。
そいつをまねして、自分は、1月2日はルーチェ初め、ロータリー初めをするという事を、
10年以上続けています。
ここ数年は1月1日にルーチェに乗ることも多かったのですが、
今年は1月2日に、ルーチェのロータリーエンジン12A型に火を入れて、
ルーチェ初め・ロータリー初めをしました。
今年も調子よさそう~うれしいな。
買ったときはこんなに調子よくなかったけれど、
手を入れ愛情をかけ、ここまで良くなったと、ほくそ笑む怪しいドライバーだったと思います。
今年でこのルーチェは製造からは45年経つ年になります。
まだまた頼むぜ。
  1. 2018/01/02(火) 16:10:00 -
  2. マツダ ルーチェ -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:2 -
  5. ↑TOPへ



マツダルーチェと'17




ルーチェと井の頭公園にて
2017年、マツダのロータリーエンジン、発売開始50周年の年、
ルーチェ、満44歳の一年。
そして.....年末には、な一年でした。
家族との車であるプレマシーやより日常の足として使いやすい車両の導入により、
一時よりも大幅にルーチェの走行機会は減りましたが、
15年前から乗っているルーチェは今でも私のファーストカー。
そんな2017年の思い画写真。
一枚目は冬の井の頭公園にボートに乗りに行った時の写真。


ルーチェと長沼のとある交差点
冬が過ぎ、春が来て、
子供と一緒に長沼の山の散策に行った時の写真。
ルーチェと子供

ルーチェのオイル交換
そいて、春は、トヨタの本拠地に乗り込んでみました。
まずはその準備、油脂の交換。

ルーチェとロータリーピックアップトラック
おっとその前に、北米専用車だった、
ロータリーピックアップが遊びに来てくれました。
ナントもアメリカンな二台。
うーん最高だぁ!
ロータリーピックアップトラックとルーチェ

マツダルーチェと松平郷の室町塀
そしていよいよトヨタの本拠のある地域へ。
マツダルーチェとCX-5
徳川家発祥の地、松平町、今は豊田市の一部、へ行ってみました。
ルーチェと高月院と
松平町は、マツダ及びマツダの子会社、マツダスピードがルマンを制覇するきっかけになった、
ゆかりのある場所です。

45年ほど前、トヨタ系のシグマ、現サードのマシンが当初はトヨタのエンジンでルマンに出る予定でしたが、
折からのオイルショック・排ガス対応で、トヨタからはエンジンを供給してもらえず、
石原慎太郎氏を通じ、マツダに依頼し12Aを載せることに成った事がありました。
シグマのマシンは'73/74年のルマンでマツダのREを積む事になりましたが、
CEレーシングエンジンとREレーシングエンジンでは、
物が全く違う。エンジンの背格好や出力軸の位置、熱対策等、
シグマのエンジニアには手におえない、という事で、
まだマツダスピードという名称になる前の、一ディーラーチームであった、
マツダオート東京のスポーツコーナーの監督をしていた故 大橋監督に
「一緒にルマンに行こう」と伝えた場所が高月院なんだそうです。

簡素なんだけど何かを秘めている様な春の山里にルーチェで旅。
最高なひと時でした。

ルーチェから見える蒲郡 三河湾
蒲郡に食事に行ったり、春の桜を眺めたり。
ルーチェと歌石駐車場
楽しかった。
ルーチェから見える春の里山

ルーチェで夏の風を感じる
夏も涼しげな時間にルーチェで散歩。
ルーチェと三郷料金所
他社の軽自動車の物色をしに行ったのも、ルーチェでした。

ルーチェでお出かけ
秋の多摩クラフトフェアにもルーチェでブイーンと。

お台場旧車天国2017におかせて頂いたルーチェ
今年はRE50周年という事で、八重洲出版さんが仕掛けている、
お台場旧車天国へ招かれて参加してきました。
びっくりしたのは前職の社長にあった事!!!!!!!
はぁ、びっくりした。
そしてここで各種三輪自動車をみて、内に秘めていたものがムクムクとあれして、、、、
とまぁルーチェと共に今年も楽しい事が沢山ありましたが、
最後に、
RE育ての親、マツダのRE研究部部長であり元社長・会長・最高顧問を歴任された、
山本健一さんがこの世を離れられた・・・・・のも今年でした。

たぶん、東洋工業・マツダと松田家、山本さんとその配下に集まった部下の方々が居なければ、
三角形のオムスビ型をしたロータと繭型ハウジングの組み合わせという、
ドイツのフェリックスバンケルさんが発明した、
バンケル型のロータリーエンジンは早々に市場から撤退、
80年代には既に自動車用としてのエンジンとしては存在せず、
あれは「夢」だったね!のままだったんじゃないかと思います。

テレビ番組だと、プロジェクトX,書籍だと古くはマツダの「ロータリーエンジン」、
現在だとさまざまな書籍にその開発時の苦悩、軌跡が記されていますが、
とんでもない労力と情熱、資金を注いでモノになった、マツダのロータリーエンジンの開発を通じ、
山本健一さんは「飽くなき挑戦」という言葉を残されています。
マツダの三次テストコース内にはその言葉と共にルマン制覇を記念した石碑があるそうで
マツダの社風として後世に伝えられていくことでしょう。

ルーチェはロータリーフルラインナップの申し子で、
コスモスポーツ以降、サバンナRX-3・RX-7・そしてRX-8へと続いた、
REの本質を生かしたスポーティー・あるいはスポーツカーではなく、
ゆとりある動力性能を生かしたラグジュアリーカー、
いまでうレクサスの後輪駆動のセダンな訳ですが、
静かに振動なく回るエンジンは、'60年代半ばから'80年代にかけては、
本当に先進な感じだったと思います。

というのも、'63年・昭和38年式のミゼットというオート三輪、
そして'84年・昭和59年式のキャリイを今年購入し日々楽しんでいるわけですが、
ホントにルーチェというのは当時の高級車、
車格でいえばマークⅡやローレル、つまり、
コロナの高級バージョンだとかブルーバードの上級車程度な訳ですが、
エンジンの先進性がすべてを包み込んで高級車に昇華した、車なんじゃんかろうか?
と他所の古い車に乗ったからこそ、そんな事を感じた年でした。

二代目ルーチェが登場した’70年代前半というと、
国鉄の初乗り運賃が30円の時代。
物価の優等生たる卵と比較しては話が成立しないので、
電車で比較ですが、
現在の電車初乗りは140円。
初乗り運賃比較で考えれば、約4.7倍。
ちなみに大学の初任給は’72年は5万円程度だったそうなので、
現在の約20万と比較して4倍から5倍程度、
物価に差があったと思われるわけですが、
その当時のルーチェの価格は、
幅はあるんですが70万円から110万円程度で、
自分の乗っているルーチェカスタムGR2は97.5万円。

今でいえば400~500万円のセダンなクルマとなると、
やはりクラウンとかそういうクラスの車になりますから、
ルーチェは価格的には結構高級車だったと思うわけです。

そんな高級車に夢のように静か、
静かというのはメカニカルノイズや振動が無くてという意味で、
静かでパワフルなエンジンを載せたかなりちゃんとした、クルマに仕上がっていたと思います。
初期のファミリアのように足がエンジンに追いついてない、なんてことも影を潜めてますし。
ロータリーエンジン搭載車が登場するたび、ちゃんとした乗用車に仕上がっていったので、
みんながみんな、ロータリーエンジンにそっぽを向いていた訳じゃなく、
一部の人々は熱狂的に好きになったんだろうな、と思うわけです。

当時の自動車と比較して、
エンジンのメカニカルノイズや車体のつくりなど、
高級車と軽を比べれば当たり前に差があって当然ですが、
昭和30年代、40年代と日本にもモータリゼーションがやってきて、
大体多くの人はいきなり高価格な車に乗れるわけではない、
家業や会社の営業車として車に乗るとなると、トラックやバンが、
一般的だったあとにやっていたマイカー時代に、
ロータリーエンジンという、当時のレシプロを比較してかなり多くの面で、
優位に立っていたエンジンは相当魅力だったんじゃないか??と思います。

オールドタイマーに写った誰かのルーチェを指差す
最後に、オールドタイマーの最新号には、
私と、自分のルーチェが乗り、スカイライン特集のページには、
当時現役の頃、立川基地のジムカーナとかゼロヨンに参加していルーチェが写っていますが、
子供は、そのルーチェを指差し、父ちゃんのルーチェと同じ、とついさっき申しておりました。

子供にもロータリー好きは遺伝したのか?
10年少々もすれば確定する事でしょう。
楽しみです。

それでは皆様、よいお年を!
  1. 2017/12/31(日) 16:47:00 -
  2. マツダ ルーチェ -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



お台場旧車天国2017へ行く[七五三の事と同時進行]




お台場旧車天国2017におかせて頂いたルーチェ
ロータリーエンジン50周年という事で、お台場旧車天国2017に招待頂きました。
ルーチェにキャリアを付ける
本当はモペットも積んでいこうかと思ったんですが、
実際に載せたらトランクリッドが壊れそう
、というか骨と鉄板を接着剤で止めてあるんですが、明らかに浮き上がっているので、
こら外れるな.....という事で積載は中止。

REPUの仕上がったエンジン
会場では様々な車を見ました。
REPUは昨日ようやくエンジンがかかったそうで、ピカピカだなぁ!!!!

人であふれかえってるお台場旧車天国
来場者がとても多いなぁという印象でした。
開催理念で、

「旧車業界の活性化はもとより「クルマの趣味」を子どもや
孫といった次なる世代につないでいくためのイベントに育てていけるよう、
様々な取り組み・より多くのコンテンツを盛り込んでおります。
多くの方のご希望にそえるよう会場も拡大し、お楽しみいただけるステージ企画も準備しております。」
(お台場旧車天国HPより引用)

を、体現している様なイベントだと思いました。
こらすごい!!!
会場で見た、こら凄い!!!な車。
やっぱ三輪車、良いなぁ。
かわいいなぁ

ジムニーと楽
ジムニートラック。
賞をもらってました。良い車だなぁ。
こいつもいいねぇ
ダイハツの軽トラ。かわいいー!!

大分郵便局仕様のシルバーピジョン
大分市の郵便仕様のシルバーピジョン。
カブやメイトが出るまでは、スクーターで郵便配達していたのかな???

朝の東京湾
北風の福、本当に冬みたいな日でしたが、
その分、景色は超綺麗。
富士山の天辺には雪煙
お招きいただき、また行かせて頂き、ありがとうございました。

ピザを沢山やきます
さてさて、今週末は七五三も同時進行でした。
先週までは収穫だ、汽車だ!!!でしたので、この週末にようやく七五三。
義親様にも来ていただいて、いろいろ!!!!です。

うさぎ屋さんの厠で見た画
うさぎ屋さんに行ってきたわけですが、
厠に飾られていた、絵。
良いなぁ。。俺の小屋もこんなだったらいいなぁ~!!!

上座の様子
うさぎ屋さん、本当に素晴らしかった。
離れの座敷から見える、お庭
また行きたいなぁ。
うさぎ屋さんの夜景
  1. 2017/11/19(日) 18:02:49 -
  2. マツダ ルーチェ -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ


NEXT

がく

05 | 2018/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Manufacturer Link

Search